「あいつもしかしてオネエ……」はセクハラ?

指針の改正でLGBTと職場の関係は変わるか?

たとえば、男性上司が男性部下に対して、「子供できないのは、夜の生活が今いちなんじゃないの?」とからかったり、「男のくせにこんなこともできないのか」と叱ったりすることが例に挙げられるようです。

さらに、冒頭のような発言を含む、性的マイノリティであるLGBTに対する差別的な言動や行動についても、セクハラであるということが認められました。今回の指針の改正では、パブリックコメントを募集しており、そこでLGBTに対する差別も含めるべきだという意見が多く寄せられました。昨年12月20日に行われた第139回労働政策審議会雇用均等法分科会においては、労働者代表委員の松田委員から、今回の指針のセクハラに対して事業主が雇用管理上講ずべき措置には、セクシャルマイノリティに対するものも含まれるかと厚生労働省の成田雇用均等政策課長に質問がありました。

性的マイノリティに対する差別的言動もセクハラ

成田課長は返答で「性的マイノリティの方に対する言動や行動であっても、均等法11条やセクハラ指針に該当するものであれば、職場におけるセクシャルハラスメントになると考えております」と述べて、初めてLGBTに対する職場での差別を、セクハラに含むことを確認しました。

このことに関して、LGBTの人権と職場政策に詳しい、大東文化大学のダレン・マクドナルド教授はこのように指摘します。

「ハラスメントが人事政策の中で注目される理由は3つある。1点目は、日本社会が製造業中心からサービス産業中心に変化し、求める人材が変化したことである。能動的に仕事ができて、イノベーションを起こせる人材を会社は求めるようになった。そのため人材がハラスメントを受けない、伸び伸びと潜在的な力を発揮できるような場を、企業が提供することが重要となった。

次ページ経営陣の理解も進んでいる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT