ドイツのコロナ対応で強調される「連帯」の意味

メルケル首相「戦後これまでなかった事態」

しかし、無数のこういう行動があってこそ、社会全体に殺伐とした感じは出てこず、むしろ安定性につながる。逆にもし連帯がなければ社会そのものが成り立たなくなる。

銀行のドアに貼られたポスター。握手をしないことを明記している(2020年3月18日筆者撮影、エアランゲン市)

悲しいかな、個人主義といっても他の個人との関係がまったくない「社会」では、1人きりで砂漠で生きていくようなものなのだ。

前述したように「(コロナ危機には)誰もが対応する責任がある」(バイエルン州首相)というのは、個人主義が成り立つ社会を維持する責任と読み替えることもできるだろう。

個人にも連帯という考え方が広がっている

個人が同様の発言をしたケースもある。感染の可能性のある医師が夫人とともに2週間自宅待機することになった。このとき、メディアの取材に対して「仮に感染してなくても自宅待機。社会に対する責任がある」と述べている。

大型小売店のショーウィンドウ。イースターに向けたデコレーションに休業のお知らせが貼られている(2020年3月18日筆者撮影、エアランゲン市)

個人も、より広い社会という感覚を持っているのがうかがえ、自宅待機は消極的な連帯とも解釈できる。ドイツは社会的な側面からは、こういう連帯という原理でコロナ危機を乗り越えようとしているわけだ。

3月18日に行われたメルケル首相の演説を見ると、「われわれはデモクラシーである」と述べ、それゆえ「強制からではなく、知識と参加によって生きている」と続けている。個人主義は決して個別主義ではなく、どうすればデモクラシーの国として成り立つのかを提示している。そんな中、連帯で乗り越えようとしているのだ。

市街中心地の庭園に来たがクローズ。「歴史的光景」を写真におさめる女性(2020年3月18日筆者撮影、エアランゲン市)

連帯はデモクラシーや個人主義など、国の構造と整合性のある団結原理だ。だから政治家の言葉に説得力が出てくる。「自粛」「要請」とはまた違う。

新型コロナウイルスはそれぞれの国や地域の政治、社会の構造、価値観を浮き彫りにする。まだまだ安心できない危機だが、収束したとき、どんな対策を講じたのか検証することは重要だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT