仕事の大敵!肩こりに潜む危険性&正しい解消法

たかが血行不良と侮るなかれ!

たかが血行不良と侮るなかれ

一方、単なる肩こりは、首から肩、背中にかけて広がる僧帽筋(そうぼうきん)に関係している。同じ姿勢を続けることで、筋肉の血行が悪くなって老廃物がたまり、筋肉が硬くなって弾力性が失われて肩こりの症状を引き起こす。もみほぐして血流がよくなると、症状が和らぐのはそのため。しかし、たかが血行不良と侮ってはいけない。ひどい肩こりが心身に悪影響を及ぼすことがある。

「首と頭蓋骨の間の左右には、『健脳穴(けんのうけつ)』というツボがあります。後頭動脈や後頭神経などが通る場所で、ひどい肩こりでは頭部への血行不良にも結び付くのです。人間の身体は、『頭寒足熱(ずかんそくねつ)』といって、頭は冷やして、足を温めることが健康に役立ちます。頭部へ行った血液が肩こりに阻まれて、下へ流れずに鬱帯(うったい)すると、眠れない、あるいは、うつなどの気分障害だけでなく、脱毛や白髪、肌荒れなどにも結び付きやすいのです」

ストレスでも血行不良は起こしやすく、肩こりがそれに拍車をかけて、頭部の血行を悪化させていく。なんとなく気分が優れない、眠れないという状態が続くのは、血行不良の証し。さらには、頭皮の血流が悪くなることで、栄養不足に陥り、脱毛や白髪などが生じやすくなるそうだ。

「ひどい肩こりでは、食べ物をかもうとするときに、痛みなどを感じる顎(がく)関節症を引き起こす人もいます。眼精疲労や、耳の聞こえが悪い人も、肩こりを解消することで、症状が軽減される人は多い。肩こりは『万病の元』といっても過言ではありません。認知症に関与している可能性もあり、肩こりは日々解消するようにしていただきたいと思います」(福辻院長)。

グイグイ押すのは逆効果!

肩こり解消では、もみほぐすのが一般的。コチコチの肩こりには、グリグリと力を込めて押すという人もいるだろう。ボールペンなどで、ツボをグイグイ押すという人もいる。ところが、それらは逆効果になる。

「力を入れてもむと、筋肉が反発し、毛細血管はより一層硬くなります。つまり、こりは解消されません。タオルを適温に温めて肩に置き、やさしくゆっくりもみほぐすのが効果的です。中には、マッサージを受けて、もみ返しを経験する人がいますが、それはマッサージの力が強すぎた結果といえます。力が入りすぎるのはよくありません。また、肩を温め続けるのも、筋肉組織に負担がかかり逆効果です。適度に温めたタオルは、しばらくすると冷めるでしょう。温めて冷ます、ゆっくり押して力を抜く、そういったリズムが血行を促進するのです」(同)。

ひとりで肩こりを解消するには、ツライ部分に反対側の手の人差し指や中指を当てながら、肩をゆっくり回すとよいそうだ。ホットタオルを活用するとさらにベター。ただし、寝ている間中、肩を持続的に温めるようなことは避けること。また、パートナーに肩をもんでもらうときには、背中や腰も合わせて行うと効果的という。

「肩こりは僧帽筋がメインですが、僧帽筋は、背中の広背筋(こうはいきん)や、お尻の筋肉の影響も受けます。右の腰を痛めているときには、左肩がこるように、Xの文字のように痛みやこりが生じやすいのです。前方の鎖骨やろっ骨の筋肉が関係していることもあります。そのため、誰かに肩をもんでもらうときには、背中や腰も一緒にもんでもらうと、肩こりを解消しやすいのです。背中や腰もゆっくりやさしく押しましょう。それでも、症状が改善されないときには、お近くの鍼灸師など、専門家に相談してみてください」と、福辻院長はアドバイスする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT