「巣ごもり消費」が広がる中国の寒すぎる現状

1~2月の経済急悪化に中国の記者も仰天

冒頭の記者のコメントを受けて、国家統計局のスポークスマンである毛盛勇・国民経済総合統計司長は「新型コロナの影響は短期的かつ外在的で、中国経済の発展の勢いを変えることはない」と断言した。また、「今年の目標を達成する自信も変わらない」という。

3月5日に開かれる予定だった全国人民代表大会(国会に相当)が延期されたため、今年の経済成長率の目標はまだ公表されていない。だが、中国共産党は公約である「小康社会(ややゆとりある社会)」実現のために2020年にはGDPを2010年の2倍にするという目標を掲げており、逆算すると今年の成長率は5.6%以上が必要だとされる。

毛氏は、「小康社会は必ず実現しなければならない」とも発言しており、今年の成長率目標が5.6%を超えることを示唆したものとみられる。

内需の復調が今後のカギ

毛氏は中国の生産力が健在であることの例として「マスクの1~2月の生産量は前年同期の2.9倍となり、2月29日時点での1日あたり生産量は1億1600万枚に達した」と語った。湖北省以外では、2月29日の段階で売り上げ2000万元以上の製造業の95%以上が操業を再開したという。

しかし今後のカギを握るのは生産よりも内需の復調だろう。新型コロナの流行で欧米も新興国も景気が冷え込み、昨年の6.1%成長を支えた外需には多くを期待できない。

次ページ分野別にみた小売りの動向は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT