就活「別名目で呼び選考する」が常態化している

6割の就活生が「だまし面接」を経験している

従来の採用ルールに基づく採用の進め方では、採用日程が重視された。3月から採用広報を始め、6月から選考する。実態はともあれ、「そういうことになっている」と大学、企業ともに考えていた。

ところが、その考えが変わり始めている。3月の学内合説を縮小したり廃止したりする大学は、「3~6月の選考を前提にして学生に有益な指導ができるのか」という反省からスケジュールを変えているのだと思う。そして、今回の新型コロナウイルスの流行は、こういう考え方に拍車をかけることになる可能性が高い。

今年は新型コロナウイルスによって大規模イベントが中止になり、リクナビ、マイナビなどの合同説明会が中止になった。4月以降のこともよく見通せない。学生も企業の人事も大混乱している。だが、2022年卒採用では企業はこの混乱から学んで施策を立てると思う。

Web説明会が増えそうだ

Web説明会を実施する企業が報道されているが、多くの企業では準備していなかったはずだ。2022年卒採用では準備する企業が増えるだろう。

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

固定したスケジュールに縛られる新卒大量一括採用は、今回のような危機に対し脆弱だ。危機を回避するためには選択肢を増やさなくてはならないから、採用の通年化も進むはずだ。

こういう変化を先取りする人材サービス会社もあらわれるだろう。日本の新卒採用は十年一日のごとく旧態依然としていたが、これから先の景色は変わっていきそうである。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。