就活「別名目で呼び選考する」が常態化している

6割の就活生が「だまし面接」を経験している

「だまし面接」はすでに一般的な採用イベントとして定着しており、文系でも理系でも約6割の学生が経験している。

大学クラス別に見ると、「旧帝大クラス」と「早慶クラス」が際立って高い。文系の「旧帝大クラス」は76%、「早慶クラス」が77%だ。理系では「旧帝大クラス」75%、「早慶クラス」70%だ。

ほかの大学クラスを見ると、文系の「上位国公立大クラス」62%、「上位私立大」64%、「その他国公立大」63%、「中堅私立大」51%、「その他私立大学」で41%だ。

理系の場合

理系を見ると、「上位国公立大クラス」60%、「上位私立大」68%、「その他国公立大クラス」49%、「中堅私立大」53%、「その他私立大学」45%。

理系の「上位私立大」は68%と7割に近いが、そのほかは40%台から60%代前半とかなり大きな差があり、「旧帝大クラス」と「早慶クラス」は突出している。

次ページ旧態依然だった新卒採用が変わる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。