13.8%−−ネット利用時にパスワードを定期的に変更している人の割合《気になる数字》


 インターネットを使用して、メールサービスやインターネットショッピングを利用する人が増えているが、その際、欠かせないのが情報セキュリティ対策。ワンクリック不正請求やフィッシング詐欺などのほか、知らないうちにクレジットカードが利用されたり、銀行口座から預金が引き落とされるなど金銭的被害も発生している。

しかし、IPA(情報処理推進機構)が実施した「2009年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」によると、パスワードを定期的に変更している人は、まだ13.8%にとどまっている状況だ。

IPAは、2005年からインターネット利用者へ情報セキュリティの脅威に対する認知度や対策の実施状況を把握するために同調査を行っている。今回初めて、セキュリティ対策の基本となるパスワードに関する調査も実施した。

IPAでは、脆弱なパスワードの例として、生年月日やログインIDと同一の文字列などを挙げているが、このような推測されやすいパスワードを避けて設定している人は49.4%と半数に満たない。また、複数のサイトでパスワードを併用している人は35.1%にも上る。

マイクロソフトによると、8文字以下の脆弱なパスワードでは1週間程度しか安全を保てないとされている。情報セキュリティの重要性はまだ十分認識されてはいないようだ。

(乕尾あい =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT