元ソニー69歳エンジニア、DMMに飛び込んだ訳

技術顧問として生み出すイノベーションとは

阿部さん:私の役割は、テスターやオシロスコープなどの機材を使うときに困ったことがあれば相談に乗ったり、プロダクトづくりのアドバイスをすること。自分の経験や知識をもとに助言しながら、若いメンバーのサポート役に徹しています。

(左)合同会社DMM.com ビジネスプランニング本部 .make AKIBA 事業部 技術顧問 阿部潔さん 1977年にソニー入社。3年間オーディオ事業部にてFMチューナーの設計に携わった後、パソコン事業部にて30年にわたりパソコン関連製品の開発に従事。『VAIO』ブランドの立ち上げにも関わる。2010年に定年退職後は、総合型ものづくり施設『DMM.make AKIBA』の技術顧問に就任。若手のプロダクトエンジニアなどの技術的サポートを行いながら、ワークショップの運営も行う
クリエイティブユニット『PLAYFOOL』 ダニエル・コッペンさん(真ん中)、丸山紗季さん(右) 2017年にイギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの先輩・後輩で結成したクリエーティブユニット。明るさを学習するLEDライト『Lulu』や、18年度グッドデザイン賞を受賞した独自のキットを用いたイノベーティブなワークショップ『PLAYFOOL Workshop』などを手掛ける(写真:『エンジニアtype』編集部)

そんな阿部さんに、紗季さんとダンさんはプロダクト開発のピンチを何度も救ってもらったのだという。

自分たちにはない発想だった

例えばあるプロダクトのプロトタイプを開発していたときのことだ。

プリント基板にごく小さな部品を実装しなければならないことがあった。ピンセットでつまむのも難しいほど小さな部品ばかりで、はんだごてによる手作業は到底難しい。そこで金属のはんだを粉にして練った「クリームはんだ」を、ステンシル(穴が空いた型板)で基板に塗りつけて、部品を実装することに。

「オーブントースターで部品をはんだ付けする方法」や、「OHPフィルムをレーザーカッターで加工してステンシルを作る方法」などを阿部さんに教えてもらった(写真:『エンジニアtype』編集部)

しかし基板の外形が小さく直線でないため、DMM.make AKIBAのはんだ付け装置が使えず、「オーブントースターで部品をはんだ付けする方法」や、「OHPフィルムをレーザーカッターで加工してステンシルを作る方法」などを阿部さんに教えてもらった。

また、OHPフィルムをレーザーカッターで切り抜く際には、阿部さんから「こういう時は、MDF(合成木材)の板を下に敷いて剥がすと、細かい穴をきれいに作ることができるよ」と助言をもらったという。

紗季さん:細かい部品を実装するためにいいアイデアはないものかと、試行錯誤していたのですが、阿部さんに教えてもらった発想は私たちにありませんでした。

阿部さん:OHPフィルムをステンシルとしてうまく切り出せるレーザーの強さとスピードは、かつて僕がほかのスタッフと協力して、繰り返しチャレンジしてたどり着いた条件があるんです。これはDMM.make AKIBAの機械で行う場合の条件ですが、それを2人に教えたら、すぐにきれいなステンシルを作れるようになりました。

次ページ本当に貴重なこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT