元ソニー69歳エンジニア、DMMに飛び込んだ訳

技術顧問として生み出すイノベーションとは

世代を超えてものづくりを行うにあたって、お互いに意識していることを教えてもらった(写真:『エンジニアtype』編集部)

人口減少が進み、超少子高齢化社会が訪れる今、定年を迎えたシニア世代が現場に戻り働く機会が増えている。

DMM.make AKIBAで技術顧問として働く阿部潔さん(69歳)も、定年後に新しい世界に飛び込んだ1人だ。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

DMM.make AKIBAは、ハードウエアのものづくりを支援するコワーキングスペース。阿部さんは、そこを拠点に活動するクリエーティブユニット『PLAYFOOL』のダニエル・コッペンさん(25歳)、丸山紗季さん(27歳)の遊び心あふれるプロダクトづくりをテックスタッフとしてサポートしている。

世代も、性別も、国籍もばらばら。これまで異なる境遇でものづくりをしてきたからこそ、「お互いに得られる刺激は多い」と3人は話す。その理由とは……?

「ググってもわからないテクニック」を伝授

ソニーで33年間、オーディオやパソコンなどの開発に最前線で携わってきた阿部さんは、現在69歳。2010年にソニーを定年退職し、2014年からDMM.make AKIBAで新しいプロダクトをつくろうと意気込む若手に、これまでの経験に基づいた知恵や技術を伝授している。

阿部さん:「DMM.make AKIBAが学生アルバイトを募集している」という知り合いのFacebook投稿を見たんです。それで、「年寄りだけど、応募していい?」と(笑)。そしたら施設の方からまさかの「顧問でどうですか?」という返事がきて、働くことになりました。

PLAYFOOLが手掛ける、人工知能が搭載されたランプ『Lulu』(写真:『エンジニアtype』編集部)

一方、『PLAYFOOL』は、プロダクトデザイン・設計担当の丸山紗季さんと、エンジニアリング全般を担当するダニエル・コッペンさんの2人で活動するクリエーティブユニットだ。周りの明るさを学習するAI機能搭載LEDライト『Lulu』など、遊び心溢れるイノベーティブなプロダクトを次々と生み出している。

DMM.make AKIBAを拠点に活動する20代の2人が、行き詰まったときに頼るのが阿部さんだ。経験したことのないプロトタイプの開発や工作機械を使う際にどうすればいいのか、教えを請う。

次ページ阿部さんの役割
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT