「給料が高くて社員が辞めない中堅企業」169社

平均年収700万以上で新卒定着率8割以上対象

中堅企業の中には、給料が多く休みも取れる会社は少なくない (写真:freeangle/PIXTA)

広報解禁の3月1日が間近に迫ってきているが、今年は様相が異なっている。新型コロナウイルスの影響で、就活イベントを中止する動きが相次いでいる。「リクナビ」が3月いっぱいのイベントの中止を決めたほか、個別企業も説明会などの中止をしている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

3月以降、本格的に就活がスタートするが、企業探しはネットなどで、文字どおり「自分で調べていく」しかなくなってくる。また今後は、会社説明会やエントリーシートの作成に追われ、1日があっという間に過ぎていく。2月中には企業研究を済ませ、エントリーする会社を絞り込んでおきたい。

エントリーする会社を絞り込んでいるのであれば、もう一度確認してほしい。リクルートワークス研究所によると、2020年卒対象の大卒求人倍率は1.83倍であるが、5000人以上の大企業では0.42倍の狭き門だ。1000~4999人は1.08倍、300~999人は1.22倍、300人未満では8.62倍と従業員数によって大きな違いがある。

大手企業は狭き門、狙いは好条件の中小・中堅

大手企業ばかり考えている就活生は、志望業界の中堅、中小企業にも目を向けてほしい。今回、『就職四季報2021年版』(優良・中堅企業版)から、従業員数が1000人未満の中堅企業を対象に、平均年収700万円以上、かつ新卒3年後定着率80%超の企業を抽出。「平均年収が高く離職者が少ない中堅企業」として紹介したい。

ランキングにあたり、平均年収が同じ場合は、3年後定着率が高い順にランキングしている。また持株会社は、グループ採用の場合がある。

次ページ年収1000万円以上は5社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT