「忘れるのが早すぎる」自分を変える簡単なコツ

記憶したいなら、まず6分間目をつぶろう

「復習」のベストなタイミング、記憶力と想起能力(思い出す力)をアップさせる方法について、メンタリストDaiGo氏が紹介します(写真:Dragon Images/PIXTA)
「えーっと、あれ、ほら、なんだったかなぁ……」。せっかく読んで覚えたはずなのに、どうしても思い出せない……なんてこと、ありませんか? 本から得た知識を自在にアウトプットするためにはどうすればいいのか、そのヒントをくれるのが『知識を操る超読書術』を上梓したメンタリストDaiGo氏です。記憶の流出を防ぐ「復習」のベストなタイミング、記憶力と想起能力(思い出す力)をアップさせる方法などについて聞きました。

「忘れないうちに復習するといい」はウソ

人間の記憶には短期記憶と長期記憶の2つの段階があるのはご存じでしょうか。

例えば、本を読み、覚えたと思ってもすぐに忘れてしまうのは、記憶が長期記憶になっていないからです。短期記憶に記憶しても、新しい情報が入ってくるとすぐに忘れてしまいます。

では、どうすれば長期記憶に残りやすくなるのでしょうか。その仕組みについては世界中の脳科学者や心理学者が研究を進め、記憶の流出を防ぐ「復習」のタイミングに関しては答えが出ています。

ベストな復習のタイミングは「忘れた頃に復習すること」です。要するに「あれ、何だっけ?」「ここまで出かかっているんだけど……」という瞬間がベストなタイミング。長らく「忘れないうちに復習するといい」とされてきましたが、これは間違いでした。

忘れないうちの復習は、短期記憶を何回も何回も繰り返しているだけ。そのときはしっかり覚えたように感じても、長期記憶への定着は進んでいないのですぐに忘れてしまいます。

一方、忘れかけたときに復習すると「生存に関わる重要な情報を優先して記憶する」という脳の性質が働きます。そのとき生まれる、口惜しい、もどかしいという「強い感情」が記憶のキーになります。「わざわざ思い出そうとしている=重要な情報に違いない」と長期記憶に定着しやすくなる、というわけです。

つまり、タイミングよく復習をし、思い出す作業=「想起」を行うことが脳と感情への刺激となり、記憶の定着につながるのです。

次ページ「ミニテスト」を実践してみよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT