「忘れるのが早すぎる」自分を変える簡単なコツ

記憶したいなら、まず6分間目をつぶろう

ただ、ここまで細かくスケジュールを合わせていくのは難しいので、私は読書に関しての復習はタイミングを3つに分けて実行しています。

1回目の復習は1日後に行う
2回目の復習は1週間後に行う
3回目の復習は1カ月後に行う

この間隔で復習=本を読み直すことで、内容への理解度を深め、重要なポイントをしっかりと記憶できるようになります。

“途中で眠る”ことで記憶を定着させる

先ほど少し触れましたが、基本的に脳の記憶に関するメカニズムは、生死に関わること、生活に根ざしたこと、強い感情と結び付いたことを優先的に記憶するようにできています。そこで、本のキーポイントを必要なときに、自在に再生できる記憶術を紹介しましょう。それが、「インターリービング睡眠」です。

認知科学の世界では、以前から睡眠が記憶の定着率と密接に関係していることがわかっていました。あなたも「勉強をした後に睡眠を取ると記憶に定着しやすい」「睡眠中に記憶が整理されるので、寝る前に復習すると効率的」といった話を聞いたことがあると思います。

こうした睡眠と記憶の関係を「睡眠によって学習効果をより高くするためには?」という問いを立てて調査したのが、フランスのリヨン大学の研究チームです。

彼らは、40人の男女を対象にスワヒリ語を記憶してもらうというリサーチを実施。その際、参加者を2つのグループに分け、勉強の仕方を変えてもらいました。

・Aグループ/午前中に勉強して、午後にも勉強して、その後、普通に眠ってもらう
・Bグループ/午前中に勉強して、一度眠り、その後にもう一度勉強してもらう

A、Bどちらのグループも1日しっかりとスワヒリ語を勉強していますが、Bグループは昼寝を挟んでいるわけです。

その後、全員に覚えた単語のテストを行いました。すると、勉強の合間に睡眠を挟んだBグループはAグループに比べ、単語を多く記憶していただけでなく、想起能力(思い出す能力)も高まっていたことがわかったのです。

勉強と勉強の合間の睡眠ということで、研究チームは「インターリービング睡眠」と名付け、「睡眠を取らなかった場合と比べると約2倍の記憶力、想起能力の違いが生じる」と指摘しています。

ポイントは、勉強が一区切りついたところで眠るのではなく、中途半端でも時間で区切り、仮眠を取ること。インターリービング睡眠には、1回学んだことを忘れにくくする効果もあります。読書や勉強というインプットの後に脳を意図的に使わない状態にすることで、記憶が定着しやすくなり、必要なときに応用する想起能力も高まるからです(ここで言う想起能力とは、記憶したデータやエビデンス〈科学的根拠〉、テクニカルターム〈専門用語〉を必要なときに活用できる能力だと考えてください)。

次ページ読書では…疲れを感じたら切り上げ、眠る
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT