3回出産の子育てママが体型を維持できるワケ

2回目以降の出産は体型を戻すのに苦労する

3人のお子さんを子育て中のモデル鈴木サチさん。そんなサチさんのスタイル維持の秘訣はピラティスだった! (写真:Domani)
小学生2人と0歳児の3人を子育て中のモデル鈴木サチさん。3人目の妊娠中は臨月まで妊婦だと気づかれなかったほど体型をキープ。そんなサチさんのスタイルを維持する秘訣はズバリ、ピラティスです!

趣味が高じてインストラクターになりました!

さて今回のお話は私がインストラクターの資格も取得したほど夢中になっているピラティスについて。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

初めての出産後は比較的にすぐに体型が戻ったけれど、2回目以降は産後の体型が戻らず苦労している方も多いのではないでしょうか? 私も3回出産しているので、さぞ体型を戻すのが大変なんじゃないかと気づかわれますが、私の場合は3人目の妊娠中&産後がいちばん体調がよく、お腹の膨らみを見るまでは妊婦だと気づかれなかったほど。ピラティスのおかげで、妊娠中も体幹が安定していたからか姿勢もよく、妊婦に多いがに股にならなかったのがよかったのかもしれません。

ピラティスを知ったのはかれこれ10年以上前。もともとマラソンや筋トレなど”自分で自分を追い込む”ようなトレーニングは大好きだったので、初めてレッスンを受けたときは衝撃でした。元来医療やリハビリを目的としたトレーニングというだけあり、動き自体は地味で簡単なのになんでこんなにきついの?と、今まで意識したことのない筋肉が動き、整っていく感覚にとてもひかれて。

また当時のインストラクターの先生がとっても明るく前向きな方で心身共にリフレッシュできたことも大きく、いつか先生みたいなインストラクターになりたいと共感するほどのめり込みました。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。