結婚の条件は「相当な美人」38歳男性が語る理由

女性に抱いていた不信感が爆発した経緯

第三者からすれば無茶な条件に思えても、本人には理にかなっている理由とは?(写真:筆者撮影)
もはやルーティンのように、延々続く婚活生活。結婚したい男女は山ほどいるのに、どうしてこんなにもパズルが合わない? 独り身は自由きままだけれど、それでも既婚者バッジをつけたい。そんな決意を胸に、婚活アプリを開いては“イイね”ボタンを押す通勤電車。
そんな、独身者たちにお話を聞くシリーズ『僕/私たちの婚活は今日も終わらない』。婚活中のライターが、取材先との対話を通して、婚活の実情を伝えていきます。

「相当な美人でないと結婚しません」

今回登場するのは自営業の山下さん(38歳、仮名)。「インタビューに失礼があってはいけないので、フォーマルな恰好で伺います」と、休日にわざわざスーツを着て登場してくださった。身長170cmの細身、趣味は草野球やギターを弾くことだと言い、明るく気さくな雰囲気だ。

この連載の一覧はこちら

両親はすでに他界。母は、山下さんが高校を卒業するころに、父も山下さんが23歳のときに、ともに病気で亡くなった。兄弟はおらず一人っ子だ。

幼少期の山下さんは、小学5年生のときに転校した学校になかなかなじめず、半年ほど不登校に。これにいら立った母親から時々体罰も受けたという。家にも学校にも逃げ場がない環境は、想像するだけで厳しい……。しかし山下さんからは悲壮感のような雰囲気は感じられず「今思えば、親も仕事のストレスで大変だったんだと思います」と話をしてくれた。

そんな山下さんは現在独身。結婚相手には、2つの条件があるという。1つは、“相当な美人”であること。2つ目は、“将来自宅で無料の学習塾を開きたいので、それに理解を示してくれる人”であること。

相当な美人とは、山下さんが好む、フジテレビの三田友梨佳アナウンサーや女優の堀田茜さんクラスを指すという。その基準に満たなければ納得しないと真顔で語る。

まず、なぜ山下さんがここまで絶対的に“相当な美人”にこだわるようになったのだろうか。

きっかけは今から5年前、英会話教室での出会いにある。もともと英語に興味があった山下さんは、趣味の1つとしてレッスンに通い始めた。そこで出会ったのが沙也加先生(仮名、当時20代)だ。

次ページ先生の手紙を渡すと…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。