第3回(最終回) 起業という選択肢もある

質問7 経産官僚になる方法を教えてください。

公務員試験に合格する必要がありますが、その後の面接が非常に重要です。私は採用担当ではないので、以下はそのことを割り引いて読んでください。

経済産業省では、試験の出来や学校の成績で採用を決めているわけではなく、面接による人物本位で決める傾向が高いです。

いろいろな物事を多く知っているというよりも、ある事象に対して、どのように考えるかという思考ロジックを重視しています。また、ダイバーシティの観点から個性ある人材を採用します。ある人は、経産省に採用された新入職員を見て、動物園のようだねと言っていました。

すこし昔の通産省時代の話になるのですが、左手にヘラルドトリビューンを持ち、ひげを生やし、三つ揃えを着て、右手にステッキを持ち、シルクハットをかぶって面接に受けに来た人がいました。その人も採用されました。

これは特殊な例ですが、経産省では、従来の枠にはまらない人でも、将来性を買って採用する例もたくさんあります。だからと言って、めだちたがり屋だけではだめですが・・・。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

就職活動をされている皆さんが、一人でも多く、希望にマッチした仕事を見つけ、生き生きと働くことができるのを願っています。(了)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。