自分を優先できない「ナイナイ症候群」の正体

つい自分を後回しにしてしまうのはなぜなのか

他人のことを優先しすぎて、自分のことができず疲れ切っている社会人が多くいるのはなぜでしょうか(写真:kou / PIXTA)

「自分の仕事もあるのに、頼まれると断れなくて、また帰りが遅くなってしまった」

「お願いしたら迷惑かなと思うと、頼めない」

これまで心理カウンセラーとしてのべ3500人以上のカウンセリングを行ってきましたが、多くの人が、他人のことを優先しすぎて、自分のことができず疲れ切ってしまっています。原因は、「~すべき」「~しないといけない」といった「恐れ」をベースにした歪んだ「思考の癖」にあります。

この歪んだ「思考の癖」により陥りがちなことについて、また自分を優先できる方法について、拙書『「つい自分を後回しにしてしまう」が変わる本』よりご紹介いたします。

「自分なんか」の口癖に要注意

あなたは「自分なんか」という言葉が、口癖になっていませんか?

自分を後回しにしてしまう人は、「自分なんか」価値がないという考えを持って、自分の望みを叶えることに、「待った!」をかけています。

「自分なんか」と思っていると、自分が思っているように相手も思うだろうという投影の法則により、周りの人も自分を「価値がない人」と思っているように感じてしまい、人目を気にして、動けなくなってしまいます。

「自分なんか(価値がない)」と思い込んでいるのは、自分自身です。自分を後回しにせず、優先できるようになるためには、その思い込みを取り除く必要があります。方法は、簡単です。

「自分なんか」という思いが出てきたら、「今、私は”自分なんか”と思っているんだな」と、認識しましょう。自分を責める必要はありません。気づいたら、「あ、また思っているな」と、ただ認めるだけで大丈夫です。続けることで、いつしか自然と、「自分なんか」という思い込みに巻き込まれなくなっていきます。

また、自分を後回しにして人を優先する人は、自分のことだけでもかなり手いっぱいな状態であっても、「そこまでしているの!」とこちらが驚くくらい、人に尽くしているケースがよくあります。

しかも、そのことについて、「いえ、大したことはしていません」「大変だけど、やれるんで大丈夫です」というようにおっしゃることも、珍しくありません。

それだけ人に与えて、自分のことも人のことも一生懸命やっているのに、それを至極普通のことのように捉えています。それゆえ、そんな自分の頑張りを認め、褒めてあげることをしていない人がとても多くいらっしゃいます。

次ページ自分を褒めていない人が大勢いる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT