政府の2021年度「成長率予測」はなぜ低いのか

衆院解散と成長見通しの間の「ある関係」

2017年10月の総選挙で当選の赤いバラをつける安倍晋三首相(撮影:尾形文繁)

内閣府は1月17日、最新の「中長期の経済財政に関する試算」(中長期試算)を公表した。この試算の指標を別の角度から見ると、違った姿が見えてくる。

中長期試算は毎年1月と7月ごろの年2回、公表されている。中長期試算は10年先の財政の姿を示すと同時に、その前提となる名目経済成長率などの経済の見通しも示される。

2021年度の成長率予測はなぜ低いのか

1月の中長期試算で、今後の名目成長率はどのように見通されたのか。図のように、技術進歩や労働参加などが進む「成長実現」と、それらがさほど進まない「ベースライン」の2つのケースに基づく名目成長率が示されている。

政府が1月に閣議決定した経済見通しによると、2020年度の名目成長率は2.1%と見込まれている。そして、政府が今後目指すシナリオは成長実現ケースである。

成長実現ケースでみると、2021年度の名目成長率は1.5%で、2.1%と見込む2020年度より低下する試算となった。その後の名目成長率は物価上昇率が上向くこともあり、3%台へと上昇する姿となっている。内閣府はこの名目成長率を計量経済モデルに基づいて試算しているが、2021年度だけ不自然な形で低下している。

ちなみに、2019年7月の試算(緑線)では、2021年度の名目成長率を横ばいの2.0%と見込んでいた。2021年度の名目成長率は下方修正されたといってよい。

これは何を示唆するのだろうか。それは、衆議院の解散総選挙の時期である。

次ページ安倍首相が掲げた衆院解散の大義名分
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT