「西野朗監督」タイで発揮する驚異の人心掌握術

日本をW杯でベスト16に導いた男が愛される訳

今大会でのタイの戦いぶりを見ていて、西野監督のチーム作りに特徴的だと感じるのは、「選手の長所を生かす」という点だ。

タイ人選手の体は決して大きくなく、日本人選手と比べても、むしろ小柄。しかし、その分、俊敏性に富み、ボールを扱うテクニックに優れている。西野監督の言葉を借りれば、「鋭さがあり、スピーディーで技術的にも高い」。これこそが、タイ人選手が持つ最大の武器である。

もちろん、その一方で弱点もある。

Jリーグ時代から歯に衣着せぬ物言いで、時に辛辣な表現もする西野監督は、例えば守備については、「正直、かなりレベルアップしなければいけない」とばっさり。また、「90分間のフィジカル」も課題に挙げ、オーストラリアのようなパワフルなチームとの対戦では、試合終盤での体力低下が著しいと指摘する。

しかし、だからと言って、西野監督は短所ばかりをあげつらい、上から目線で「だから勝てないんだ!」とやり込めたりはしない。

「オフェンスのタレントは非常に高いものを感じるので、攻撃でチームを作っていきたい。選手は非常にテクニカルで、ボールをつなげる技術は(アジアのトップレベルに)通用するところでもある。まずはポゼッションで自分たちがボールをコントロールしていく。そのうえで攻撃的な選手を生かしていくことは、ひとつ(チーム作りにおいて)強調しているところではある」

そう語る西野監督の言葉の裏には、「お前たちはいいものを持っている。その武器で勝負しようぜ!」と言わんばかりに、タイ人選手たちの自尊心をくすぐりながらチーム作りを進めようとする意図がうかがえる。

格上イラク相手に互角の戦いを見せた

そんな西野流のチーム作りが鮮明に表れていたのが、グループリーグ最後のイラク戦だった。

タイにとっては、勝てばもちろん、引き分けでもグループリーグ突破が決まる状況だったが、イラクは間違いなくタイより格上。簡単に引き分けられる相手ではなかった。しかし、西野監督は、連日30度を超す厳しい環境に加え、中2日での3試合目であることを考慮し、1、2戦目に出場した主力メンバーを休ませ、大幅に選手を入れ替えたのである。

しかも、そのうちチームのエースストライカーに代わって送り出したのは、本来はMFの選手。実質、FWがいないという異例のメンバー構成だった。西野監督は、“奇策”の理由をこう明かす。

「(エースストライカーの)代わりを期待するのではなく、(FWがいない)ゼロトップでもいい、と。両サイド(のMF)はスピードがあるので、(MFの選手を増やすことで)ポゼッションしながら両サイドを生かせれば、と思っていました」

次ページエースストライカーがいなくても戦える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT