「ゲーム三昧の子」が勉強に向かう"魔法の言葉"

「勉強=つまらない」はこうして変える

まずは次のことを知ってください。それは「勉強ができる子は『勉強=ゲーム』と思っている」ということです。

勉強をしている姿は、はたから見ると皆同じ様子に見えます。声に出して問題を解くわけでもありませんし、自分は今どのような気持ちで解いているかなど、内面でどのようなことが起こっているかはいっさい外見からはわかりません。

しかし、一部の子は、頭の中で“ゲーム化して遊んでいる”のです。筆者がこれまで3500人以上の小中高生を直接指導してきた実績からいえば、いわゆる勉強ができる子の多くは、そのように“遊び化”していました。

多くの子どもは、ゲームという遊びが好きなのです。ただし、目の前のつまらなく見える勉強を、自らゲーム化できる子とできない子に分かれているというだけの話です。

筆者は経験上、ゲーム化できる子の割合は5%以下と考えています。ということは残りの95%以上の子は、勉強は見た目のまま、つまらないものとして処理し、拒絶するか、やったとしても嫌々ながらやるだけになります。

勉強をゲーム化する方法

では勉強を拒絶する95%の子どもたちは、どうすればいいでしょうか。それは、周囲の大人が「勉強はゲームである」ことを教えてあげればいいのです。

親は勉強=善、ゲーム=悪と分けて考えがちですが、そのせいでいつまでも問題が解決しない可能性があります。しかし、勉強が嫌いでゲームが好きな子は、やり方によっては勉強に大きくハマる場合があるのです。

では、方法についてお伝えしましょう。まずは親が次のような考え方を持ってください。

【考え方】
1. 勉強そのものはゲームである
2. 先生はゲームのクリエーターであり、マスター(攻略テクニックを教えてくれる指導者)である

勉強がゲームであるとわかれば、勝つために努力をすることでしょう。難問をクリアしてバージョンを上げるゲームであれば、クリアするためのテクニックを知りたがります。

ところが、このようなことを親が思っていても、子どもにどうアプローチをしていったらいいかわかりません。そこで、次のようなアプローチを提案します。

それは、「勉強に関して使用する用語を変えていく」という方法です。

次ページ「5つの用語」を使ってみる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT