第3回 アスリートの人気ブログが炎上した理由

2000万人のSNSユーザー数を意識した対応を

日本でのSNSのユーザー数は、一説によると2000万人と言われる。
 有名人はもちろんであるが、私たち一般市民も2000万人のユーザー特性を意識してSNS上での発言を行いたいものだ。
 2000万人の利用者がいれば、自分の発言を誰かが見ている。
 見ている人は、自分と相性の合う人ばかりではない。
 自分の意見に反論が出ることもある。反論に反論で返せば怒りの感情を生む。自分にも相手にもだ。
 さらには、自分への同調者、相手への同調者が現れると、一気に悪口大会が過熱する。
 ケンカ腰での応戦を繰り返せば、罵り合いが泥沼化して「炎上」という結末を迎えるどころか、場合によっては、投稿者の自害など、さらに不幸な事件へと発展する可能性すらある。
 自害は、自分に向けた最たる怒りの感情表出であるが、本来楽しく使用するはずのSNSを介して最悪の結果を招いてはならない。

次ページ「人のうわさも75日」ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT