第3回 アスリートの人気ブログが炎上した理由

「人のうわさも75日」ではない

投稿した文章や画像は半永久的に残る。
 「もはや『人のうわさも75日』ではない」と述べるソーシャルメディアの専門家もいる。
 怒りに任せた投稿による失態を犯さないため、SNS上においてもアンガーマネジメントを活用したい。

 まず、簡単に行えるのが、第2回目に記した「ディレイテクニック」だ。
 ツイートする前に6秒考えてみよう。
 同僚や家族が読んで気分を害さないか? 
 誰かを傷つける内容でないか? 
 政治や宗教がらみではないか?
 6秒待てれば冷静さがよみがえり、相手と論争するよりも「スルーしたほうが賢明」との判断が生まれるかもしれない。

また、アンガーマネジメントには、「タイムアウト」というテクニックがある。
 議論伯仲のときには、「一歩も譲れない」などと考えてしまいがちだが、意地を張りすぎず、怒りをエスカレートさせないようにしたい。いったん頭を冷やすのだ。頭が冷えれば、興奮しすぎた自分を客観視できる。
 タイムアウトをしている間にやってはいけないことがある。それは「飲酒」だ。
 なぜなら、アルコールによって理性のコントロールがしにくくなるし、改めてSNSでのやり取りを振り返って、怒りの強度が増しやすくもなるからだ。
 杯を重ねるごとに怒りを強めては本末転倒だし、その後、酔った勢いに任せたツイートをして、一層深刻なトラブルを引き起こしてしまうかもしれない。
 昨今「SNS疲れ」という言葉が出るくらい、SNSに心を支配されて疲労困憊に陥る人がいる。
 疲弊はイライラにつながり、イライラは怒りとなって攻撃を生む。
 疲れていると感じたら、しばし電源をオフにすることをお勧めする。
 それが、一番の怒りの抑止かもしれない。
 詳しくは、拙著『パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門』をご一読いただきたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT