本田がメディアに話さなくなった4つの理由

イメージトレーニング、世界基準、自己への問いかけ

そして4つ目の理由は、「言葉はすべて自分に向かって投げかけている」と考えているからだ。

「口で発することって、自分に通じている部分がある。何を言うかって非常に重要。オレはメディアにしゃべっていることって、自分に話しているということがほとんどやから。あとは公言的なところがあって、『言っちゃったよ』みたいな。自分は弱いからさ。当たり前だけど、人間やから」

当たり障りのないことを言って、その場をやり過ごすと、知らず知らずのうちに自分の思考が安パイになる――。そう考えているのだ。

このスタイルは不器用な部分があり、誤解や衝突を招きかねない。だが、だからこそひとつしかない本田圭佑ワールドが生み出されている。

一昨年、別の取材で「読めない男」はこう言っていた。

「少なくとも僕が生きている間は、ジャーナリストが追いかける。僕はそうしますよ」

2014年W杯でも、このエースにメディアは振り回されるだろう。それでもしぶとくしがみつき、本田の思考のスイッチをオンにするような質問を投げかけて、ビッグサプライズを引き出したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT