筒香嘉智も見つめる「少年野球チーム」の大変貌

「野球離れ」は新しいフェーズに入っている

親たちはなぜ堺ビッグボーイズを選んだのか?

会場には、多くの父母も見学にやってきていた。

子供たちと集合写真を撮影した筒香嘉智(筆者撮影)

小学校1年生の子供を1カ月前に入団させたという父親は、「なんといっても専用グラウンドがあるのがいいですね。

うちは堺市ですから、小学部のグラウンドは近いですし。それに、子供が嫌がらずに自分から行きたいって言うんです。筒香選手にも会えるし、大人の私もどきどきです」。

小学校5年生の子供の母親は車で1時間近くかかる高石市から通っている。

「お茶当番がないのがありがたいですね。土日が丸々つぶれるのは困ります。車で送迎するのでグラウンドには来ますが、練習が短いので、親の負担はすごく軽いです。それに指導者の方が、荒々しい声を上げることもないですから。対外試合などで、相手チームの監督やコーチがすごい声を上げて怒鳴っているのを見て、よそはこうなんだと、びっくりしてしまいました」と語る。

最近のお母さんは、SNSでつながっている。自分の子供が通うチームの指導ぶりは、SNSで瞬く間に共有されるのだ。

堺ビッグボーイズは小学部も硬式クラブだが、低学年のうちは危険なためテニスボールやソフトボール、軟球なども使っている。その指導方針も極めて柔軟だ。サブグラウンドでは、テニスボールをラケットで打って素手で捕球させるノックが行われていた。

少年野球チームの淘汰が始まった

筆者は堺ビッグボーイズだけでなく、いろいろな少年野球の現場を取材している。最近の状況から見えてくるのは「淘汰が始まった」ということだ。

四国のある地域では、昔ながらの「罵倒罵声」で指導していた指導者のチームに選手が集まらなくなり、その指導者が「人が変わったようにおとなしくなった」という話を聞いた。

また、ある少年野球団体の幹部は数年前まで「子供の野球を親が応援するのは、当たり前。休みの日は早起きして球場に来るべき」と言っていたが、その団体でも「お茶当番」は縮小する方向にある。また喫煙場所を厳格に守るように通達があったという。

さらにすべての少年野球団体は「暴力、暴言の根絶」をうたっている。「そうしないと選手が集まらない」と関係者は語る。

しかし、多くの少年野球チームは、根本的な体質はなかなか変わることができない。

次ページまだ少年野球の潜在需要はある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT