筒香嘉智も見つめる「少年野球チーム」の大変貌

「野球離れ」は新しいフェーズに入っている

子供たちへの指導を行った筒香嘉智(筆者撮影)

すっかり正月の恒例になった感があるが、今年も1月12日、堺ビッグボーイズに同チームのOB、スーパーバイザーで、今季からMLBタンパベイ・レイズに移籍する筒香嘉智が登場し、子供たちの指導を行った。

2019年までは大阪府堺市にある小学部のグラウンドで行われていたが、今年は大阪府河内長野市にある中学部のグラウンドで行われた。昨年までは小学部だけだったが、今年は中学部の選手も参加した。

この連載の一覧はこちら

今年の筒香は、中学部、小学部の選手の間を回って打撃や守備を披露したり、子供たちの質問に答えたり、ずいぶん忙しかった。

小学部の子供たちに囲まれると、筒香の表情は一気に和らいだ。ふざけてグローブを子供の頭に載せるなど、子供好きな一面が現れた。

驚くのが、選手の多さだ。2面あるグラウンド一面に選手たちが散らばり、体を動かしている。とくに小学部は倍増し、100人になった。中学部と合わせて190人。これは少年野球チームとしては桁外れの大きさだ。

筒香が受け取った「お母さんからの手紙」

筒香は、子供たちと交流した後に例年どおり、記者団を前にメッセージを述べた。彼も、堺ビッグボーイズの盛況ぶりに驚いたようで、「正しい教育、正しい指導ができれば子供たちはこれだけ集まってくれる。まだまだ子供に野球をやってほしい親御さんはいると思います」と切り出した。

筒香は、4年前から堺ビッグボーイズでコメントを発信してきたが、昨年、少年野球をする子供の母親から、多くの手紙を受け取った。

「手紙には、お茶当番や休日の試合のための移動や応援など、少年野球の負担の大きさに、お母さんたちが困っていると書かれていました。野球をさせると家族の時間もとれない、せっかくの休日がつぶれてしまう、というお母さんが、たくさんいるんです。

堺ビッグボーイズは、練習時間も短いし、お茶当番もありませんから、親の負担も軽いんです。だから神戸など遠方からも、堺ビッグボーイズに通ってこられる親御さんもいる。野球をさせたいと思ったら、ここに来ざるをえない現状があるんです。

野球だけではありませんが、近くに指導者がいて子供たちが指導者を選べる、指導者の数も増えて親と相談して指導者も選べるのが理想です」と話す。

次ページ今の少年野球は大人に問題がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT