筒香嘉智も見つめる「少年野球チーム」の大変貌

「野球離れ」は新しいフェーズに入っている

堺ビッグボーイズの瀬野竜之介は語る。「うちの指導のやり方などを周辺のチームの指導者に話すのですが“瀬野さんところはいいよ、自前のグラウンドもあるし、筒香選手も来るし”と言われます。そういう部分だけではなくて、指導の仕方や考え方を参考にしてほしいんですけどね」

「野球離れ」は、他のスポーツとの競合の激化や、野球あそびをする環境がなくなるなど、複合的な要因によって進行している。

しかし、堺ビッグボーイズの選手数の急増は、今の時代に適合した新しい指導法をすれば、まだまだ子供世代の野球への潜在的ニーズはある、ということを物語っている。

少年野球指導者の新たな指標

2019年12月15日、東京都内で少年野球チームを対象とした「エニタイムフィットネスPresentsベストコーチングアワード2019」という賞の表彰式が行われた。

選考基準として以下の3点が挙げられている。

●メディカルとコンプライアンスに基づき指導を実践されている指導者
●学ぶ意識が高く情報をアップデートして指導に取り組める指導者
●長い将来の目標と怪我をさせない、未然に防ぐ知識を持って指導を実施できる指導者
「エニタイムフィットネスPresentsベストコーチングアワード2019」の授賞式の様子(写真:Sports Medical Compliance Association)

主催はこのコラムでも紹介した一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会。この協会に参画している元ロッテの野球指導者、荻野忠寛も選考に参加した。

第1回のアワードは41チームが受賞した。その中には、堺ビッグボーイズも入っていたが、地方の小さな少年野球チームも入っていた。

これまで「少年野球」は「全国大会で活躍できるか?」「甲子園球児やプロ野球選手をどれだけ輩出できるか?」が評価の基準だったが、今後は「指導者が子供のことを第一に考えているか?」「子供の未来に役立つ指導を行っているか?」が、新たな指標になる可能性がある。

「野球離れ」をめぐる状況は、新たなフェーズに入ろうとしているのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT