「の」でつなぐ異色絵本がオフィス街で売れる訳

「の」という単語が持つ無限のパワーとは

(ⓒjunaida/福音館書店)

東京都心、一等地の大型書店。入り口すぐのベストセラーコーナーに、スマートな表紙のビジネス本がひしめく中、ひときわカラフルな絵本がちょこんとランクインしている。発売以来続く堂々のポジションキープに、もはや場違い感マヒ。何がそこまでオフィス街の人々をとりこにするのか。『』作者、画家のJunaida氏に聞いた。

「の」に着目したきっかけ

──「わたしの」「お気に入りのコートの」で始まって、奇想天外な世界が繰り広げられます。前ページの最後の「の」が、次はどんな時空へつながるのかまったく予測不能。「の」という単語の無限パワーを見せつけられました。

最初に「の」の面白さに気づいたとき、これは本になるなと思いました。本の構成として最初は、お気に入りのコートの、ポケットの中の、とわかりやすく入って、ポケットの中から、ありえない世界へ話がブワッと動き出す。

「の」に着目したきっかけは、うちの奥さんが昔買った日本独特なもろもろを紹介する本でした。パラパラ見てたら、「の」という言葉は日本語でしか表現できないという話があったんです。

確かに「の」って日常のあらゆる場面でたくさん使ってますよね。所有格だけじゃない日本語ならではの“含み”みたいなものもフォローする。でも文章書くときは何々の何々の何々のって続くのは美しくないと避ける。それを逆に続けてみたら面白いなと思ったんです。途切れない。

次ページこの本に込められた意味は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。