「の」でつなぐ異色絵本がオフィス街で売れる訳

「の」という単語が持つ無限のパワーとは

(ⓒjunaida/福音館書店)

東京都心、一等地の大型書店。入り口すぐのベストセラーコーナーに、スマートな表紙のビジネス本がひしめく中、ひときわカラフルな絵本がちょこんとランクインしている。発売以来続く堂々のポジションキープに、もはや場違い感マヒ。何がそこまでオフィス街の人々をとりこにするのか。『』作者、画家のJunaida氏に聞いた。

「の」に着目したきっかけ

──「わたしの」「お気に入りのコートの」で始まって、奇想天外な世界が繰り広げられます。前ページの最後の「の」が、次はどんな時空へつながるのかまったく予測不能。「の」という単語の無限パワーを見せつけられました。

最初に「の」の面白さに気づいたとき、これは本になるなと思いました。本の構成として最初は、お気に入りのコートの、ポケットの中の、とわかりやすく入って、ポケットの中から、ありえない世界へ話がブワッと動き出す。

「の」に着目したきっかけは、うちの奥さんが昔買った日本独特なもろもろを紹介する本でした。パラパラ見てたら、「の」という言葉は日本語でしか表現できないという話があったんです。

確かに「の」って日常のあらゆる場面でたくさん使ってますよね。所有格だけじゃない日本語ならではの“含み”みたいなものもフォローする。でも文章書くときは何々の何々の何々のって続くのは美しくないと避ける。それを逆に続けてみたら面白いなと思ったんです。途切れない。

次ページこの本に込められた意味は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。