積水ハウスが今、アメリカ事業を強化する理由

「CES出展・MITとの共同研究」の動きがある

背景には、あくまでざっくりとした数字だが、住宅内での脳卒中、心疾患、溺死、転倒・転落による死亡者数は年間約7万人に上るといわれている。交通事故による死亡者数はエアバッグの普及などにより3500人程度で推移しているのと比べると、その多さがよくわかる。

脳卒中の発症数は年間約29万人で、うち79%が住宅内で発症している、という報告もある。また、それは長い目で見れば国や国民の介護負担、介護離職の増大なども引き起こし、社会に悪影響を及ぼしているとされている。ただ、発症から約4時間の患者であれば有効な治療法があるともされている。要するに、いかに早期発見し治療するかが、その後の状況改善への重要なカギとなり、それは住まいの分野における長年の課題でもあった。

現地で積水ハウスの仲井嘉浩社長は、「このシステムの確立・普及により、住宅内での死亡事故のほか、要介護者の発生も減らし、『家が健康を作り出せるようになる』と考えている。また、世界で最も高齢化率が高いわが国だけではなく、高齢化問題は近未来の世界における課題でもあり、貢献度が大きい」と語っている。

つまり、日本の現状の改善だけでなく、世界的な状況を見据え、「HED-Net」を開発しているのである。そして、世界により効果的に情報発信、普及することを狙って、アメリカのCESという場を選択したのだ。

非接触型センサーの検知精度向上がカギ

開発成功のカギは、非接触型センサーによる検知手法の確立と精度の向上にある。近年、ウエアラブルセンサーにより居住者のバイタルデータを検知するシステムが普及し始めているが、居住者にストレスを与えるため、実効性の高いものになっていないのが現状だ。

積水ハウスの展示ブースの様子(筆者撮影)

ただ、非接触型にもデメリットがある。住まいの中にはセンサーの検知を難しくするさまざまな状況があり、例えば布団をかぶっている、寝返りを打つなどといったことで、検知データが大きく変わってしまいやすいからだ。

そうなると、居住者が脳卒中になっていない場合でも、異常の状態をセンサーが検知してしまう。そこで、異常を正確に検知するために重要となるのが、アルゴリズムの開発だ。

次ページ世界的研究機関と共同開発をスタート
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT