「本当にいい組織」ほど基本に忠実という事実

分業しつつも分断されてないのが良い組織

楠木:手段と目的を取り違える話っていうのはよくありますよね。例えば、ミニマリストの生活がいいんだ、と言う人たち。「俺は、持っているものを全部数えても57個しかない」と言い出すと、「俺は52個だ」となり、「俺はもう靴も履かない」となる始末。

もうこうなると、何のために生きてるのかわからなくなってしまう。ミニマリストのhow toを動画サイトで勉強して、箇条書きでミニマリストになるための方法みたいなものをまとめ始めると、もうまったく違う話になっちゃう。セムコ社のような組織に学ぼうとするときは、このような「やり方」だけに注目してしまうと本末転倒になってしまいますよね。

秦:セムコスタイルでは、重要なことが4つだけあると言っています。まずは、魅力的なビジョンがあるかどうか。次に、お客様と従業員をファンにしているかどうか。そして、お互いに学び合える、学習する組織であるかどうか。最後に、Quality of Lifeです。これは、働く人のLifestyle に合わせてWork styleが決まるということです。

例えば、主婦の方であれば、その方に合わせた働き方や報酬のスタイルが決まり、年に4カ月だけだけど、そのかわり休みなく働きたいという方であれば、そのようにWork Styleが決まるといった具合です。フラットで全員が同じように働くというのは、本来の考え方からするとありえないんです。この4つを実行していくうえでの手段が時にユニークだったりするだけで、大切なことはこの4つに集約されています。

本質を押さえれば、文化の違いは問題にならない

楠木:よく、そのやり方は日本では通用しないとか、その逆で、日本のやり方は世界では通用しないという議論を耳にすることがありますが、私はことビジネスにおいては、文化の影響はあまりないと考えています。所詮ビジネスなので、多くは合理性を求めています。この、合理性ということに文化的な違いは影響しないと思っています。

ところが、違った文化圏から見ると、文化の違いが“決定的要因”に見えるのです。1980年代に日本企業が世界で躍進しました。そのとき、世界中の企業が躍起になって日本企業を研究したのです。

結果、みんなで飲みにいく、朝は朝礼をやってラジオ体操をやる、みたいなことがまねされたんですね。現場の品質改善における問題解決なんかは、みんなで合宿をやるんだ、一緒にお風呂に入って背中を流し合うんだ、みたいに加熱していくわけです。

結果、「文化的な違いが乗り越えられなくて、まねできませんでした」となる。そんなの、日本もやってないよ!って(笑)。だから、商売ごとの本質に文化性はあまり影響しないと考えていたほうが、いい結果を生み出せるんじゃないですかね。

秦:実際、ブラジルにあるセムコ社のやり方を研究し、コンサルティングのコンテンツに仕上げたのもオランダの会社ですしね。そして、実際にオランダの会社で導入されて成功事例もあります。大切なのはやり方ではなく、どんな思想が本質的にあるのかということです。

次ページ“いい会社”“いい組織”とは、結局のところ何なのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT