「本当にいい組織」ほど基本に忠実という事実

分業しつつも分断されてないのが良い組織

秦:僕は23歳からコンサルティングの仕事をしているので、信じてもらえないかもしれませんが、お店や会社に行けば、売上や利益の額がなんとなくわかるんです。そして、今うまくいっているのか、儲かっているのか、今後もうまくいくのか、それともうまくいかないのかも、大体わかります。これも信じてもらえないかもしれませんが、数年後の結果を見ると、大体当たっています。

それは何を見ているのかというと、「働いている方々の表情」なんです。

『奇跡の組織 「最高の働き方」を導き出すセムコスタイル5つの原則』(光文社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

楠木:それは私も非常によくわかります。われわれのように、1つの会社だけで仕事するわけではなく、多くの会社を見る立場の人間にとっては、そこで働いている方々の「顔」というのは非常によく見えるんですね。

秦:とくに、上司の方と一緒にいるときの顔と、そこから離れたときの顔のギャップを見たときに、その会社の仕事が本質的に見えてくるというか。

楠木:それは本当に共感できます。ただね、顔や表情っていうのは結果として表れているのであって、こういうことを言うとまた、「笑顔トレーニングだ!」なんてことが始まっちゃうかもしれない(笑)。そして顔を撮影して、AIで笑顔分析なんかを始めるアプリが生まれたり。そうなるとまた、本末転倒なんですよね。

そういう意味で、改めてこのセムコスタイルという考え方を、何が目的で何が手段なのかという視点で見ていただくと、非常に得られるものが多いのではないかと思います。

「当たり前の事を当たり前にやる」

秦:あくまで、“知性“を集めたいだけなんです。「うちの商品、本当はお客様から評判がよくないんだけど言えない」ということが普通に言えたり、「同期のアイツが辞めたいって相談を受けているんだけど、これは人事部に言えない」ということが言えるようになる。その情報を活かして、お客様や働き方に新しい価値を見いだしていくというサイクルが、結果として表情に表れて、いい組織になっていくんです。

楠木:そうなんですよね。セムコスタイルに書かれていることって、特別なことは書かれてないんですよね。言わば、「当たり前の事を当たり前にやる」ということ。それが、「奇跡の組織」のカギになっていると思います。

(構成:高森勇旗)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT