就職に強い大学・学部はココだ!!--地域別・学部別 就職率ランキング


 トップの国際教養大学はベスト10の中で唯一、福祉や教育系とは異なる国際教養学部の単科大。秋田にある県立大で2004年開学の新しい大学だ。就職率は99・1%と高い。授業はすべて英語で行われ、1年間の留学も必須で人気が高く、全国区型だ。学生を鍛えて卒業させることから、高校の教員からの評価も高い。

人気の難関総合大はどうだろうか。国立大の旧7帝大では大阪大学の人間科学部が15位に入り、35位に名古屋大学・文学部、42位に北海道大学・経済学部、48位に京都大学・総合人間学部と続いている。私立大では55位に明治大学・情報コミュニケーション学部、57位に上智大学・外国語学部、74位に同志社大学・社会学部、76位に関西学院大学・商学部の順だ。難関総合大では就職率の高い学部はさまざまであり、大学ブランド力の強さが大きいようだ。

浮き沈みが激しいランキング順位

次に地域別(6~8ページにランキング表)を見てみよう。地域別の就職率が最も高かったのが中部で全体が86・2%、文系が83・4%、理系が92・6%で、すべてトップだった。次いですべて2位だったのが中国・四国。企業数の多い関東は北海道・東北、近畿に次いで80・5%の就職率で平均を下回った。そもそも大学数が多く学生も多いうえに、全国から就活の学生が集まる一方、Uターン就職が厳しいといった状況が影響したのだろう。

関東では、私立大の強さが際立っている。他の地域に比べ、私立大が数多く設置されていることに加えて、それほど国公立大志向が強くなく、私立大の人気が高いことも影響しているとみられる。

この就職率ランキングだが、浮き沈みが激しいのも特徴だ。全体、さらには地域別、文理別合わせて14のランキングで、昨年と同じトップだった大学は関東・文系の東京福祉大学だけ。それ以外はすべて入れ替わった。文系、理系のベスト100では、昨年からベスト10をキープしたのはそれぞれ2校にすぎなかった。

ということは、各大学の就職支援の取り組みが、就職率にすぐに影響するということでもある。各大学がどのような取り組みを行っているのか、今後も注目されるところだ。
(大学通信・取締役情報調査・編集部ゼネラルマネジャー:安田賢治)

※次ページ以降にランキング表があります

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT