京都に「世界中の高級チョコ店」が溶け込む必然

町家をはじめとする歴史的景観になじむ

京都に、高級チョコレート店がひしめきあっている。びっくりするほど美しい。マリベル京都本店(マリベル提供)

京都は今、世界的有名ブランドが集まるチョコレートの激戦区になりつつある。チョコレート店と言えば、「チョコの街」と言われる東京・銀座や丸の内を思い浮かべる人も多いだろう。銀座や丸の内のチョコレート店は商業ビル内に多く出店している。だが京都は東京とは異なり路面店や一戸建てが多く、ざっと数えて、市の中心部にチョコレート店が30以上もあるのだ。

京都では2019年も、出店が相次いだ。2月には、1919年創業のベルギー王室御用達チョコレート店「マダム ドリュック」が日本初店舗を祇園に、10月は「セゾン ド セツコ 京都ショコラトリー」が三条の老舗旅館「柊屋」のそばに、12月にはアメリカ・シアトル生まれのチョコレート店「フランズチョコレート」が河原町にオープンした。

「おみやげチョコならわかるけど、京都でアメリカやヨーロッパの高級チョコ?」と不思議に感じる人も多いかもしれない。しかし京都は、世界的なチョコレートブランドを惹きつける力がある。それは世界的な知名度、観光客の多さ、そして守られた景観と、「京町家」の存在だ。

京都高級チョコの火付け役はNYのブランド

火付け役は、2012年、三条通にオープンしたニューヨークの高級チョコレート専門店「マリベル」だった。

マリベルは、日本1号店に京都を選んでいる。「唯一無二の世界観を作りたかった」という創業者兼CEOマリベル・リーバーマンさんは物件に心を動かされ、完成した空間に感激したという。ブランドカラーのブルーを基調にアンティーク家具やシャンデリアを配し、店内には独自の世界が広がる。

「うなぎの寝床」とよばれる京町家の、間口の狭さ、細長さを生かしたディスプレイ(マリベル提供)

2016年には、同じく三条通に、パリの有名チョコレートブランド「ジャン=ポール・エヴァン」がオープンした。

「日本と違い、パリのジャン=ポール・エヴァンはほとんどが路面店です。パリのコンセプトをそのまま日本に持ってくるなら、と考えたら京都になりました。ここは元町家が建っていた場所で、景観に店舗のデザインが無理なくマッチしました」(ジャン=ポール・エヴァンジャポン社長 楠善光さん)。歴史的景観が守られたパリのショコラトリーは、京都にもなじんでいる。

次ページ町家をまるごとリノベした高級チョコ店
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT