ドイツ人の働き方に見る一流と二流の違い

スーツケースを12万円で売る方法

ベルリンに見る、ドイツ人の働き方

さて、私のほうこそ与太話をぶつぶつ書いてしまったわけだが、話を本題に移すと、ドイツ人というのは本当にしっかりしているということである。フランスやイギリスと並んでヨーロッパを代表する世界の大国なわけだが、その気質や特徴はフランス人やイギリス人と大きく異なり、どちらかというとヨーロッパ人にして日本人との共通性を感じることが多い。

まず日本もドイツも先進国にしていまだ製造業で頑張っており、職人気質の強いプロが多いが、アングロサクソンのように金融業が得意なわけではない。また製造業が得意なことに共通するのか知らないが、何かと几帳面で、約束して時間どおりに来るヨーロッパ人といえばドイツ人だし、ホームパーティにいろんな国の人を呼んでも、時間どおりに来ているのはこれまたドイツ人。一緒に働いたとき、デッドラインを必ず守るのもドイツ人だし、何かと一緒に働いていてルールを守り、信頼感が高いのもドイツ人なのである。

そんなドイツで私が今回買ったのが、スーツケースを作り続けてかれこれ120年くらいの、リモア社のスーツケースだ。これはよく空港で見る、あのアルミが燦然と輝くユニークなデザインの製品なわけだが、日本で買うと12万円くらいするのが、こちらだと2~3割安くて700ユーロで買える。

ただそれにしても、スーツケースをこの値段で売るってすごくないか?ということなのだが、似たような商品をどこの国でも3000円で売っている中、それでも世界中で40倍の値段でスーツケースを売るには、確固たる機能性とシンプルな美しさ、そして「この国の一流メーカーが作るなら、ベストなんだろう」という信頼感が強いブランドプレミアムにつながっているのだ。

次ページ一流の商品に宿る、普遍的でシンプルな機能美
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT