腰の痛みが消える!布団の上ずぼらストレッチ

580万人患者の"新国民病"にはこう対処する

腰痛の原因と「布団に寝ながら1分」でできる改善方法を解説します(写真:nonpii/PIXTA)

はじめまして。私は、大阪市にある西住之江整体院の院長、白井天道と申します。

私は高校時代、柔道の部活中にぎっくり腰を発症し、それが原因の痛みやシビレ症状に悩まされました。自分と同じように、重篤な痛みがなかなか改善しなかった患者さんと真剣に向き合ううちに、今では、年間延べ1万人もの施術を行っています。

私の施術は、痛みやシビレの根本的な原因にアプローチして、症状を改善していく方法です。しかも「布団に寝ながら1分」でできます。

本コラムでは、拙著『寝ながら1分! 脊柱管狭窄症を自分で治す本』でも紹介した、腰痛の原因と改善方法を解説したいと思います。

あなたのタイプに応じた腰痛撃退ストレッチ

脊柱管狭窄症(次で詳述します)や腰痛を改善するストレッチや体操について書かれた書籍や動画は、数多く出回っています。しかし、中にはその人の症状に合わないものもあります。

そこで、本コラムでは、自分の腰痛の原因を調べるところからスタートして、タイプに応じたストレッチを解説していきます。布団の上でできる診断とストレッチなので、どんなずぼらさんでも続けられます!

次ページ脊柱管狭窄症は、推定患者数580万人の身近な病気
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT