箱根駅伝を席巻「進化した厚底シューズ」の衝撃

「靴」に注目すると、観戦はもっと楽しくなる

箱根駅伝予選会で力走する各大学の選手たち(写真:時事通信社)
第96回箱根駅伝。連覇を狙う東海大学、出雲駅伝の勝者・國學院大学などが注目されているが、今年の箱根では「靴」をめぐる知られざる戦いが、さらに激化するといわれている。
「ナイキの『ヴェイパーフライネクスト%』はすごいイノベーションです。いまやランニング界を席巻しています。今年の箱根駅伝も、80~90%の選手がこのシューズを履いて走ると私は予測しています」
『あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド!2020』(ぴあMOOK)を刊行し、駅伝に関するマニアックな情報を発信するメディア「EKIDEN News」を主宰する西本武司氏は、選手の靴選びに注目している。その驚愕の世界を熱く語った。

「熟成されたナイキ・ヴェイパーフライ」が箱根を席巻

――西本さんは、全国各地の駅伝・長距離レースを取材されていますが、中でも各選手の靴に注目されているそうですね。

「SHOE DOG」特設サイトはこちら

学生駅伝の世界では、選手はユニフォームについては、大学と契約したメーカーのものを着ることになっています。でも、靴だけは、選手の感覚を優先して好きなものを選ぶことができる。そこだけはどんな指導者も制限できない、選手の唯一の「聖域」みたいなところです。

ところが、昨年秋シーズンから、かなり多くの選手たちが同じナイキの「ヴェイパーフライネクスト%」を履くようになっています。

昨年の箱根駅伝では、全出場選手のうち、「ヴェイパー」を履いていたのが86人、次いでアシックス51人、アディダス39人、ミズノ24人という具合でした。

しかし、今年の箱根では、80%近くの選手がナイキの「ヴェイパー」を履くと私は予測しています。

――昨年に比べて、今年はさらに「ヴェイパー」を履く選手が増える、と。

私はそう予測しています。というのも、昨年10月に行われた箱根駅伝予選会には40校以上の選手が集結しましたが、「ヴェイパー」でない靴を探すのが難しいほど、ほとんどの選手が「ヴェイパー」を履いていたんです。

次ページヴェイパーフライが「熟成」「進化」した?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。