昭和系「硬めプリン」再び人気を集めている理由

プリンに特化した日本初の「ガイド本」も

3つ目の理由は、ヘルシーさである。『プリン本』の年表ページによると、カラメルが載った日本スタイルのプリンの原点は、江戸時代に出た『卵百珍』の異名を持つ『万宝料理秘密箱』の「冷やし卵羊羹」のレシピである。これは卵を寒天で硬めた冷たい料理だ。

日本人は安土桃山時代に西洋人と出会うまで、卵を食べる習慣はなかった。彼らに影響されて卵を食べるようになり、江戸時代後期には料理本が出るほど人気になった。

日本人の「卵好き」を思い起こさせるスイーツ

西洋人との交流を通じて入ってきたカステラも、卵を使う。日本人がカステラを受け入れたのは、そこにバターが入っていなかったからと思われる。乳製品の再登場は近代になる。しかし、バターの香りを、明治初期の日本人は苦手としていた。バターを使ったいわゆる洋菓子が定着するには、時間がかかったのだ。

プリンの材料は卵、砂糖、牛乳または生クリーム、水、バニラエッセンスなどの香料とシンプルで、バターは入っていない。さっぱりめで、日本人の卵好きの原点を思い起こさせるスイーツかもしれない。

小麦粉も使わないので、グルテンフリーだ。生クリームや卵を多く使うことで濃厚さを出すことはできるが、小麦粉やバターからくる重さとは異なる。その軽さは最近のスイーツの流行とも合致する。タピオカ、かき氷、パフェなどが流行る今、ケーキなどの重厚なものはそれほど人気が高くない。

昔懐かしく、しかし同時に昔より洗練されたプリンは、ひととき心を休めてくれる存在だろう。時代の変化が速すぎ、ストレスフルな生活を送る現代人には、もしかするとこういう安心できるスイーツが必要なのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。