「ケンタッキー食べ放題」が圧倒的人気呼ぶ理由

ケンタの利用は「クリスマスだけ」という実態

KFCレストランがあるフードコート入り口前には、朝の9時台から列が並ぶ。整理券は10時から配布され、午前中のうちに1日の分がはけてしまうという(編集部撮影)

11月13日にオープンした東急電鉄の大型商業施設、町田市のグランベリーパークが連日の大にぎわいだ。

「オープン13日目の11月25日に来場者が100万人を超えた。予想を大きく上回る速さだった」(グランベリーパーク広報担当)と、グランベリーパーク担当者も驚いている状況のようだ。

グランベリーパークは、その前身であるグランベリーモールの約100店舗から241店舗と、店舗数面積ともに大幅に拡大している。

ビュッフェ形式店舗「KFCレストラン」の魅力

テナント中、グランベリーモール時に好評だったアウトレット業態が4割、飲食、飲食物販店舗は3割という構成。飲食については、集約せずあえて点在させるなど、パーク内の回遊性を高める工夫をほどこした。

多くの店にテイクアウトの商品を開発してもらい、来場者が館内の椅子や芝生の広場、公園で食べられるようにし、飲食店の席数以上の客数の受け入れを可能にしている。

オリジナルチキンのほかビスケットやサラダ、スープカレー、パスタなどを自由に食べられる(編集部撮影)

「体験、経験」を強調した店舗構成を特徴としており、とくに飲食店はできたて点心、自分で作るタピオカといった、エンターテインメント性の高い飲食店を誘致。狙いどおり人気を集め、開店前から行列ができることも多いという。

ひときわ耳目を集めているのが、KFCのビュッフェ形式店舗「KFCレストラン」だ。

KFCのメイン商品である「オリジナルチキン」をはじめとした店舗でおなじみのメニューや、ここだけでしか食べられない限定メニュー約50種類が食べ放題ということで、平日・休日に関わりなく、オープン前早くから長蛇の列ができている。

次ページなぜKFCレストランがここまで人気に?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT