日経平均が2万4270円を楽々と突破する理由

カリスマ投資家は年末年始相場をどう見る?

年末年始が近づいてきた。「上昇」と見て、株を買ってもいいのだろうか(nonpii / PIXTA)
12月中旬の株式相場は、NYダウ平均株価の過去最高値更新、日経平均株価の2万4000円台回復と好調さが際だっている。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏は年末年始の相場に対してどんな戦略で臨もうとしているのか。早速「株日記」で見てみよう。

【12月2日 月曜日】先週末の日経225先物は、40円高の2万3330円、NYダウは、112ドル安の2万8051ドル。1ドル=109.46円、1ユーロ=120.63円、1ポンド=141.50円。優待目的保有のKADOKAWA(9468)は、100円高(5.96%)の1776円を付け、年初来高値更新。日経平均株価は、235円高の2万3529円とTOPIX共に年初来高値更新。上昇トレンド継続中。

この連載の一覧はコチラ

【12月3日 火曜日】日経225先物は、330円安の2万3230円、NYダウは、268ドル安の2万7783ドル。米製造業の景況感悪化で大幅安。日経平均は、9時03分、342円安の2万3186円まで下げる場面があったが、大引けでは、149円安の2万3379円と下げ渋る。

引け後、携帯のソフトバンク(9434)は、自己株式の取得状況に関するお知らせがあり、8月6日から11月30日までに取得した株式は、4284万9200株で、上限の4600万株まであと315万0800株となった。このペースなら今月中にも自己株買い終了のお知らせがありそうだ。本日の終値は、3.5円安の1480円。

優待目的保有の日糧製パンを利益確定売り

【12月4日 水曜日】日経225先物は、180円安の2万3150円、NYダウは、280ドル安の2万7502ドル。ドナルド・トランプ米大統領の「米中通商合意は、大統領選挙後でもいい」との言及で大幅安。13時50分、優待目的保有の札幌証券取引所単独上場の日糧製パン(2218)を2100円で100株売り、約11万円の利益確定。買いは、2012年11月29日に100円で1000株(この時買ったのは松井証券で1日10万円まで手数料無料を利用)。その後、10株を1株に併合。優待内容は2000円相当の自社製品(パン、和菓子、洋菓子など)7回優待品を頂いた。日経平均は、244円安の2万3135円と続落。

次ページKADOKAWAの優待で「ルパン三世」を公開初日に鑑賞
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。