個人投資家が高い確率で勝てそうな戦略がある

カリスマ投資家が指南する「待ち伏せ作戦」

確かに最近親会社による子会社取り込みが目につくが、そこから何を感じ取ればいいのか(写真:Pangaea/PIXTA)
12月に入って日経平均株価は一時3週間ぶりに年初来高値を更新。年末高期待が高まる中で、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな戦略で臨もうとしているのか。早速「株日記」で見てみよう。

三菱ケミカルHDが田辺三菱製薬を1株2010円でTOB

【11月18日 月曜日】先週末の日経225先物は、20円高の2万3360円、NYダウは、222ドル高の2万8004ドル。1ドル=108.78円、1ユーロ=120.21円、1ポンド=140.36円。12月優待銘柄の権利取りの買いが目立つ。

オエノンホールディングス(2533)は、18円高の406円、高級居酒屋のきちりホールディングス(3082)は、13円高の883円、すかいらーくホールディングス(3197)は、41円高の2163円。日経平均は、113円高の2万3416円と続伸。三菱ケミカルホールディングス(4188)は、田辺三菱製薬(4508)を1株2010円でTOB(株式公開買い付け)し、完全子会社化を発表した。田辺三菱製薬の終値は、25円高の1338円。

この連載の一覧はコチラ

【11月19日 火曜日】日経225先物は、20円安の2万3380円、NYダウは、31ドル高の2万8036ドルと2日続けて史上最高値を更新。

9時06分、優待目的保有の東京テアトル(9633)を1400円で500株売り、約5万円の利益確定。買いは、2018年10月26日に1300円で。13時06分、大量保有のジャックス(8584)は、48円高の2742円をつけ、年初来高値を更新。終値は伸び悩み18円高の2712円。優待目的保有のきちりホールディングス(3082)が17円高の900円をつけ、年初来高値更新。年初来安値は、1月4日につけた632円。

優待目的保有のKADOKAWA(9468)は、89円高(5.75%)の1636円。買いは、2018年2月9日に平均買値1177円で200株。日経平均は、124円安の2万3292円と3日ぶり反落。

次ページKADOKAWAが年初来高値更新
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT