いつ大暴落があっても怖くない投資の仕方

いよいよマーケットは上昇の最終局面へ?

株価は堅調だが、そんなときこそ波乱があったりするもの。個人投資家が注意すべきポイントは何か(写真:Kazpon/PIXTA)

NYダウ平均株価は、連日のように過去最高値を更新し、まさに青天井状態。11月15日にはついに2万8000ドル台に乗せた。日経平均株価も年初来高値圏だ。高値警戒感も聞こえてくるなかで、カリスマ投資家の内田衛氏は年末にかけてどんな戦略で臨もうとしているのか。早速「株日記」で見てみよう。

11月7日は1年でいちばん下がりやすい日だが…

【11月5日火曜日】NYダウは、114ドル高の2万7462ドルと7月15日以来の史上最高値を更新。ナスダックとS&P500も最高値更新。アメリカ国債10年物金利が上昇している。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)日経225先物は、2万3130円と2万3000円台回復。

この連載の一覧はコチラ

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)系クレジット会社のジャックス(8584)は、71円高(2.93%)の2490円と反発。日経平均は、401円高の2万3251円と1年1カ月ぶり高値。

【11月6日水曜日】日経225先物は、30円高の2万3350円、NYダウは、30ドル高の2万7492ドル。携帯のソフトバンク(9434)は、昨日引け後、好決算を発表したが、6.5円高の1505.5円と反応薄い。日経平均は、51円高の2万3303円と続伸。

19時43分、日経225プットオプション2万2875円(11月限)を10円で10枚(10万円)買い、9円で10枚買い、8円で10枚買った(トータル27万円)。しかも、取引最終日は、明日の15時15分まで。買った理由は、11月7日は、過去の経験則で1年のうちでいちばん下がりやすい日だったから。勝率20.8%(5勝19敗)と日別勝率ワースト1位。

ちょっと解説をすると、プットオプション(2万2875円で売れる権利)を買ったということで、今日の日経平均の終値2万3303円から8日の寄り付きまでに2万2875円以下(428円以上下がる)にならないと、価値はゼロになる商品。

【11月7日木曜日】日経225先物は、20円安の2万3280円、NYダウは、0.07ドル高の2万7492ドル。午前1時45分、9円で買った10枚を10円で売り返済し、9572円の利益確定。午前3時34分、残りの20枚を10円で売り、1万9144円の利益確定。

結構粘ってみたけれど、値動きが止まってしまい、残り時間が少なくなってきたことで、このままではゼロになる可能性が高いと判断して全部手仕舞いした。5時30分、オプションは1円安の9円。日経平均は、26円高の2万3330円と3日続伸。

次ページ携帯のソフトバンクをいつ売るか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。