「日経平均2万7000円」が絵空事ではない理由

株価は一服かもしれないが上昇はまだ続く

アメリカの主要株価指数はそろって史上最高値を更新。日経平均も今後一段高になるのだろうか(写真:ロイター/アフロ)

先週末のNYダウは222ドル高の2万8004ドル、ナスダックも61ポイント高の8540ポイントと反発して取引を終えた。S&P500とあわせ、アメリカの主要3指数がそろって史上最高値を再び更新し、ダウ2万8000ドル、ナスダック8500ポイントという未知の領域に入ってきた。

「日経平均スタートライン」は2万4000円

しかし、アメリカのドナルド・トランプ大統領は、FRB(米連邦準備制度理事会)との協調路線がうまくかみ合えば、さらにここから25%上がると強気である。

片や先週末の日経平均株価は、前週の終値2万3391円に比べ88円安で終えた。5週連続高の後の一服状態で、88円安とは「下げない相場」の面目躍如だ。米金利上昇も円安も落ち着いており、今週も同様な状態が続くと見ている。

11月のオプションSQ(特別清算指数)値である2万3637円は、日経平均現物の高値がタッチ出来ていない「幻のSQ値」となっている。これを通過する前の「ひと呼吸」とも思える、現状のモミ合い状態は、市場にとってはエネルギーを溜める良い時間となるはずだ。

 重要な需給に目を移すと、相場の姿を映す裁定取引ネット買い残は11月8日現在、マイナス4098憶円、倍率で見ると1.73倍となっている。マイナス1兆7000憶円まで行った異常現象は、マイナス幅の縮小でもわかるとおり、かなり改善された。だが、これがネットでの買い残ゼロ、つまり「倍率1倍」ではじめて相場のスタートラインとなる。

これは筆者がかねてからこの連載で「この相場はまだスタートラインにも到達していない」とした所以だ。そしてスターラインである「裁定取引ネット買い残ゼロ、倍率1倍の地点」がどこかは断定できないが、下げない相場で現在の2万3000円台から考えると、2万4000円台ではないかと容易に想像がつく。

次ページ筆者の強気の根拠は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT