東大入試が「知識ではなく発想力」を求めるワケ

ずっと「AIに負けない力」が問われ続けてきた

逆に、日常生活を送っている中で「なぜ?」と問うのもおススメです。

自然現象でも、ちょっとしたニュースでも、社会の現象でも、何でも「なぜ?」と問えば必ず理由があります。そしてその問いの答えは、意外にも勉強している事柄の中に求めることができるかもしれないのです。

・勉強している事柄が、どのように社会で応用されるのかを考えてみる
・日常生活のタイミングで「なぜ?」と問うてみる

納得するまで「なぜ?」を繰り返そう

「発想力」の訓練方法2:深掘りする訓練

もう1つは、「深掘りする訓練」をすることです。

『「発想力」と「想像力」を磨く 東大アイデア』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

偏西風が西から東に吹いている、という情報だけでも、いろんなことを深掘りすることができます。

なぜ西から東なのか? そもそもどうして風が吹くのか? 日本以外の地域では話が違うのか?……このように、1つの情報をそれで止めるのではなく、深掘りして考えてみるのです。

先ほど僕は、日常生活の中で「なぜ?」と問うことを提案しましたが、ただ「なぜ?」と問うだけではいけません。より深く、自分が納得できるレベルまで「なぜ?」を繰り返してみましょう

5回以上「なぜ?」を繰り返すと、その情報の背景がきっとわかってくるはずです。そのレベルまで達すれば、きっと学んだ知識は深くみなさんのものになるはずです。

浅い知識では、その知識を生かして発想することはできません。「なんかよくわかんないけど、偏西風の影響じゃないかな」とはならないわけです。だからこそ、深く理解するために、何度も何度も「なぜ?」を深掘りしてみましょう

・物事を深掘りして考えてみる
・そのために、「なぜ?」という質問を5回以上やってみる

いかがでしょうか? 発想力というのは、なんとなく「才能がないと高まらないもの」というイメージがありますよね。でも実は、こんな風に訓練をすることによって意外と身に付けることができるものなのです。

みなさんも、AIが台頭するこれからの時代で活躍するために、以上のようなことを実践してみてはいかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。