JR東日本の新たな自販機ビジネス

JR東日本の新たな自販機ビジネス

2006年8月に設立されたJR東日本ウォータービジネスが、「自販機イノベーション」を宣言、駅ナカ立地、ブランドミックス機、電子マネー・Suica決済機導入で販売を伸ばしている。

飲料自販機による販売が低迷する中で、同社はこの3年間で自販機での飲料販売を36%伸ばし、自販機部門の年商は08年度で240億円になっている。今後も、JR東日本の駅ナカビジネスと電子マネー・Suica普及路線に沿って、飲料自販機ビジネスを拡大する。

東京・池袋。乗降客の多いJR山手線池袋駅のホームに、同社の新たなコンセプトの自販機が置かれている。目立つデコレーション。「メディアキュア」と名付けられた自販機コーナーだ(上写真)。

この自販機は従来の単一メーカーブランド機から、メーカーにこだわらず、各社の売れ筋商品を集めた「ブランドミックス機」に変え、さらに電子マネー・Suicaで決済できるよう進化させたものだ。各社の売れ筋商品を集めるという点では、コンビニと共通している。

単なる地主から事業主へ 駅ナカ販売の主導権握る

Suica決済機は消費者ニーズに対応し生まれた。財布をバッグから取り出さなくて済むこと、お釣りの面倒がないという点などから特に女性に好評という。

同社が自販機を調達して駅ナカに設置、中の飲料は各社から購入する。自販機の価格は1台60万円ほど。地域ごとに専業オペレーターを選んで、保守や商品の補充、入れ替えを行う。同社が設立されるまでは、JR東日本は従来型の土地オーナーの取り分を受け取る形態だったが、自社で自販機ビジネスを展開する形態に変えた。飲料メーカー、オペレーターとの取引慣行も整理した。

「自販機による定価販売」という点を除けば、ちょうど駅ナカに飲料専門のコンビニができたようなものだ。池袋駅を例に取ると、約50台ものこうした自販機が設置されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。