社員が疲弊「社内アンケート」が大量に来る根因

サブスク型サーベイの問題点はいったい何か

人事などから送られてくるアンケートに疲れていませんか?(写真:mits/PIXTA)

音楽配信サービスの「Spotify」「Apple Music」や、動画配信サービスの「Netflix」「Hulu」に代表されるサブスクリプション型サービス。今や組織・人事に関するサービスにおいても、このサブスク型モデルが乱立している。

なかでも注目を集めているのが、従業員を対象にアンケートを実施する「人事サーベイ(調査)」のサービスや「人事管理ツール」だ。従業員満足(Employee Satisfaction)やエンゲージメントの重要性に関心が集まっている社会的背景があるが、月額数百円/人で利用できるという手軽さも後押しして、急速に浸透している。

サーベイ疲れ

しかし、こうしたサーベイやツールが普及するうちに、回答・運用する側の現場の従業員からは不満の声も聞こえはじめている。「毎月答えることが面倒くさい」「忙しい業務の合間を縫ってまでやる意味があるのか」と辟易しており、「サーベイ疲れ」を起こしている。

このようなコンディションを放置していると、「エンゲージメントを上げるためのサーベイで逆にエンゲージメントが下がる」という笑えない本末転倒な事態になっているケースすらある。

この連載の一覧はこちら

そこで今回は、このサーベイ疲れが起きてしまうメカニズムについて解説する。企業の組織・人材開発を手がける筆者徳谷に持ち込まれる実際の事例を踏まえて、失敗しないサーベイやツールの活用方法について考えていきたい。

サーベイ疲れを引き起こす典型的なパターンは、把握したい事柄をあれこれと盛り込みすぎて設問が膨大になったり、さまざまな種類の調査を行ったりすることで、回答する側の従業員負荷が増大しているケースがある。

次ページ調査を行うことが目的化していないか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。