早稲田野球部OBが子供と野球遊びに全力の事情

「あそび場大開放!」の考えは社会課題への挑戦

「Hello!WASEDA あそび場大開放! 現役野球選手と野球あそびで楽しもう」の様子(筆者撮影)

12月上旬、東京・東伏見の早稲田大学グラウンドで小学生を対象とした野球教室「Hello!WASEDA あそび場大開放! 現役野球選手と野球あそびで楽しもう」が開かれた。

早大OBの斎藤佑樹らも参加

早稲田大学野球部OB会は、2016年以来「プレイボール・プロジェクト」と題して、野球人口の減少や、「勝利至上主義」に陥りがちな指導、知識不足による発育期のケガ増加、などの課題に、現役世代とともに取り組む運動を展開してきた。

今回のイベントには、早大OBの日本ハムファイターズ斎藤佑樹、JR東日本の 丸子達也、早大野球部前コーチで元ヤクルト、DeNAを経て来季からDeNAコーチの田中浩康、さらに早稲田、慶應義塾大学野球部の現役選手が参加した。

早大OBの日本ハムファイターズ斎藤佑樹も駆け付けた(筆者撮影)

「あそび場大開放!」とは、グラウンド周辺の住宅街に告知をして、親子で週末に「野球遊び」を体験してもらおうというものだ。今年に入って8回実施しており、今回はそのスペシャルバージョンだ。

筆者はレギュラーのイベントも取材したが、グラウンドには、グラブやバット、ボールなどが置かれている。受け付けを済ませた親子は、それらの道具を手に取って思い思いに「野球遊び」を楽しむ。主催者は、見守るだけで指導めいたことはいっさいしない。親子や友達が、ボールやバットを使って遊ぶのを見守っているだけだ。

後半は「ならびっこベースボール」や「ベースボール5」など簡単なゲームをするが、基本的に「子供に楽しんでもらう」ことが主眼になっている。そして「もう少し遊びたい」と思わせるくらいで終わるのだ。

この連載の一覧はこちら

今回は150人の小学生が参加した。応募多数だったために抽選で選んだという。これを「野球の経験がほとんどない子供」と「野球の経験は少しあるが、クラブやチームには所属していない子供」に分けた。

「野球経験がほとんどない子供」は、これまでの「遊び場開放」に近い内容の遊びを楽しみ、「野球経験が少しある子供」は、最初から野球形式のゲームを楽しんだ。

次ページ強制いっさいなし、自由参加が原則
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。