深刻な「野球離れ」がもたらした指導者への変革

適切な「ことば」で語る時代をようやく迎えた

日本野球科学研究会第7回大会の様子(筆者撮影)

今年も日本野球科学研究会(第7回大会・11月30日、12月1日)が開かれた。

日本野球科学研究会とは、野球に関する広範な研究を専門とする研究者と、プロ野球、社会人、大学、高校などの野球指導者、トレーナー、企業の研究者などによる研究会のことだ。昨年の第6回大会は筑波大学で行われ、今年の第7回大会は東京都町田市の法政大学多摩キャンパスが会場だった。

この連載の一覧はこちら

テーマは「普及と育成 そのカタチ」。研究者の多くは理系で、バイオメカニクスや運動生理学、データ解析などの専門家が多いが、シンポジウムや講演は年々「普及」「育成」「振興策」などの内容が多くなっていると感じる。

深刻化する野球離れの中、研究者や指導者たちは、自らの専門分野を越えて「野球の未来をどうしていくのか」を真剣に考え始めている。

ソフトバンク高村投手コーチの「育成」

1日目のシンポジウム、育成のカタチ「ソフトボール打者と野球投手の育成」では、佐藤理恵氏(法政大学大学院)と、福岡ソフトバンクホークスの高村祐一軍投手コーチが登場した。

福岡ソフトバンクホークスの高村祐一軍投手コーチ(筆者撮影)

佐藤氏は、北京五輪の金メダリストで、東京女子体育大、同短大講師でもある。次世代の育成、強化方針について語った。また、バッターに打撃技術について細かくヒヤリングも行い、「感覚」の所産と思われがちな「打者の意識」の言語化を試みていることを紹介した。

高村投手コーチは、ブルペン担当。投手を育成するうえで大事なことは「見てあげる」ことであり、練習だけでなく食事や入浴、あいさつの仕方などもじっと観察して、必要なことはメモをとると語った。

そして、その選手の既往歴を頭に入れており、例えば頭を洗うしぐさなどを見ても、その選手のコンディションがわかってくるとのこと。また、「投手にどれだけ考えさせるかが重要」とも語った。

会場には大学、高校、プロの指導者が詰めかけていたが、とかく「上意下達」の傾向が強いとされる野球界で、トップリーグのコーチでさえも、選手に安易に答えを提示せず、選手が自発的に「学びとる」まで辛抱強く「待つ」ということに、感銘を受けた様子だった。

次ページメジャー70勝投手がサプライズ登壇
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。