深刻な「野球離れ」がもたらした指導者への変革

適切な「ことば」で語る時代をようやく迎えた

日本野球科学研究会第7回大会の様子(筆者撮影)

今年も日本野球科学研究会(第7回大会・11月30日、12月1日)が開かれた。

日本野球科学研究会とは、野球に関する広範な研究を専門とする研究者と、プロ野球、社会人、大学、高校などの野球指導者、トレーナー、企業の研究者などによる研究会のことだ。昨年の第6回大会は筑波大学で行われ、今年の第7回大会は東京都町田市の法政大学多摩キャンパスが会場だった。

この連載の一覧はこちら

テーマは「普及と育成 そのカタチ」。研究者の多くは理系で、バイオメカニクスや運動生理学、データ解析などの専門家が多いが、シンポジウムや講演は年々「普及」「育成」「振興策」などの内容が多くなっていると感じる。

深刻化する野球離れの中、研究者や指導者たちは、自らの専門分野を越えて「野球の未来をどうしていくのか」を真剣に考え始めている。

ソフトバンク高村投手コーチの「育成」

1日目のシンポジウム、育成のカタチ「ソフトボール打者と野球投手の育成」では、佐藤理恵氏(法政大学大学院)と、福岡ソフトバンクホークスの高村祐一軍投手コーチが登場した。

福岡ソフトバンクホークスの高村祐一軍投手コーチ(筆者撮影)

佐藤氏は、北京五輪の金メダリストで、東京女子体育大、同短大講師でもある。次世代の育成、強化方針について語った。また、バッターに打撃技術について細かくヒヤリングも行い、「感覚」の所産と思われがちな「打者の意識」の言語化を試みていることを紹介した。

高村投手コーチは、ブルペン担当。投手を育成するうえで大事なことは「見てあげる」ことであり、練習だけでなく食事や入浴、あいさつの仕方などもじっと観察して、必要なことはメモをとると語った。

そして、その選手の既往歴を頭に入れており、例えば頭を洗うしぐさなどを見ても、その選手のコンディションがわかってくるとのこと。また、「投手にどれだけ考えさせるかが重要」とも語った。

会場には大学、高校、プロの指導者が詰めかけていたが、とかく「上意下達」の傾向が強いとされる野球界で、トップリーグのコーチでさえも、選手に安易に答えを提示せず、選手が自発的に「学びとる」まで辛抱強く「待つ」ということに、感銘を受けた様子だった。

次ページメジャー70勝投手がサプライズ登壇
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT