ワリカンが許せず別れを選んだ35歳女性の心情 「払ってもらう」=「大切にされている」なのか

✎ 1〜 ✎ 72 ✎ 73 ✎ 74 ✎ 最新
拡大
縮小

「結婚指輪のお金は、払うね。でも、婚約指輪のお返しは、する人としない人といるみたい。ただ親も、『ちゃんとお返ししなさい』と言っているので、何か記念になるものを買おうと思うんだけど、何がいい?」

すると、亮一がとてもうれしそうな顔で言った。

「本当? じゃあ欲しいパソコンがあるんだけれど、それを買ってもらってもいいかな。多分、15万円くらいだと思うんだけれど」

遠慮する様子もなく、ちゃっかりとパソコンを笑顔でねだる彼に、興ざめするものを感じた。

姉の夫に比べて自分の夫になる人は…

ここまで話すと、麻里絵は私に言った。

「私も働いているし、男女平等の時代なんだから、女性側も甘えていないで、お金を払払うのが当たり前なのは、理屈ではわかるんです。でも、なんだろう。

彼には“私を喜ばせたい”とか、“自分のほうが稼いでいるのだから、少し多く出してあげよう”とか、そういう思いはないのかなって。大切にされていないような気持ちになってしまったんです」

そして、母親も言っていたように、姉の夫の正彦との違いに愕然とした。なんだか自分が結婚相手を選び間違えたような気持ちになった。

「姉は25歳のときに、10歳上の義兄と結婚しました。結納金もあったし、婚約指輪も結婚指輪も義兄が買ったし、2人が住むマンションも用意してくれた。姉が払ったのは、結婚式にかかった半分の金額だけだったと聞いています」

ただ、義兄の正彦と亮一では、稼ぎも違うし、育った環境も実家の資産も違う。それは、最初からわかっていたことだ。

正彦の実家は、地元に500坪の家を構え、その地域の地主でマンションや駐車場も複数所有していた。正彦自身も上場企業に勤め、姉と結婚するとき、年収は1000万円を超えていた。

「義兄は、実家の親と私と姉の家族で外で食事をすると、お店を出るときにすっと伝票を持って支払いを済ませてしまう、そんな人なんです。とにかくお金の使い方がスマート。そういうのをずっと見てきて、“すてきだな。男はこうでなくっちゃ”って思ってたのに、自分が結婚しようと思っている男性は、全然違ってたんです」

次ページ結局出した答えは“婚約破棄”
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT