新人を潰す上司は叱り方の本質をわかってない

ほめるためには日ごろから観察が不可欠だ

ところであなたは、新人をほめる際に、どんなことを意識しているでしょうか。
例えば、あなたが、携帯電話ショップで働く店長だとします。その店舗では、毎朝朝礼があるのですが、必ずその朝礼の1時間前に出勤してくるある女性スタッフがいます。そのスタッフとあなたの関係性は、日頃からよく揉めていることもあり、あまりよくありません。
しかし、あなたは、彼女が早く出勤して、いろいろ準備してくれていることをほめたいと思っています。彼女をほめるには、次のどちらの言葉がより適切だと思いますか?
例①
「いつも早くお店に来て、すごく頑張っていますね」
例②
「いつも早くお店に来て、棚を拭いたり、カタログを整理してくれてたんですね」
(179〜180ページより)

まずは①の「頑張っていますね」というほめ言葉。これが使われる機会は多いが、この表現は意外と誤解を生むことがあると島村氏は言う。

新人との信頼関係を築くには

事実、島村氏の知人のショップ店長がこう伝えたところ、「頑張ってるってなんですか。無理してほめなくてもいいですよ」という返答が返ってきたことがあったそうだ。原因はなんだろう? 彼女はなぜ、そんなネガティブな反応を示したのだろう?

『10秒で新人を伸ばす質問術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

まず考えられるのは、その店長と女性スタッフとの信頼関係が希薄すぎたこと。しかも彼は店長であるにもかかわらず、配属されたばかりの彼は店頭業務の習得がまだ不十分な状態だったという。そのため「頑張っていますね」という言葉が偉そうな評価のように聞こえ、彼女の神経を逆撫でしてしまったということだ。

例えばこのように。「頑張ってますね!」「偉い!」など評価するように聞こえるフレーズを使う際には、相手との信頼関係が構築されていることが前提。そうでないと、あらぬ誤解を生むことになるというのである。

では、どのようにほめるべきなのだろうか? いちばんいいのは、先の②の例のように「いつも早くお店に来て、棚を拭いたり、カタログを整理してくれてたんですね」と“事実を事実のまま伝える”こと。そうすれば、相手に真意が伝わりやすくなるというわけだ。

この表現のポイントは、日頃の観察を通じて、ほめる部分を、評価を挟まず、事実を事実のまま伝えるということです。「いつも早く出社している」という事実と「開店の準備をあれこれとしてくれていた」という事実を伝えることで、相手にしてみれば「細かいところまで見ていてくれたんですね」と思います。
指導者の中には、自分の家族もほめたことがないのに、いきなり新人をほめるのは照れ臭いという人も意外といるのですが、この方法ならほめやすいと思います。
(182〜183ページより)

もちろん、事実を事実のまま伝えるためには、日ごろから「観察」することが必要となるだろう。そもそも新人と信頼関係を構築するためには、「観察」が不可欠なのだから。

いずれにしても最短の育成のためには、地味でも観察をベースにしてコミュニケーションを積み重ねていくことが近道になりそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT