「家事手伝おうか?」のドヤ顔に妻が絶望する訳

散らかる部屋に「昼間何やってたの?」もNG!

そういう猫の手も借りたいようなときに見向きもせず(または気づかず)すべてが終わってから「やることないから手伝うか」というふうに来られても、「もういい!」となるのは当たり前です。これは本来なら男女は関係ありません。ただ、家事育児をしている側からしますと、本当に求めていたときに見向きもしなかった、なかなか助けてくれなかったという感情が先なのです。

これを仕事に置き換えてみましょう。働く側にとって家はリラックスする空間ですが、主婦にとっては家こそが戦場。職場でバタバタしているときにのんきにテレビを見ている人間がいたら、「何やってるんだ」「今すぐ仕事に参加してくれ」と思うでしょう。主婦が戦場である家で夫に求めるのも「参加する」という積極的なスタンスなのです。

働く側の夫は仕事をするのが本業なので、家はプライベートな場、リラックスする場という認識です。これももっともな話です。しかし結婚したら、その時点から共同生活が始まるのです。子どもが生まれたら数年は猫の手も借りたいような状況が続きます。毎日毎日、家事育児をしてもらうスタンスではなく、主体的に参加する意識を持ち、さっさと終わらせて夫婦で休んだほうが得策なのは明らかです。

 

主婦が手伝う発言に怒るもう一つの理由

また主婦が手伝う発言に対して怒りやすいのには「のんきに聞こえる」というほかにも実は理由があります。

パートナーに対しては、主婦に「余裕がないから」です。家事をしつつ育児をし、育児をしつつ家事をする。そんな日々を送っているとちょっとしたことですぐ余裕を失ってしまいます。そしてパートナーのたまたま言った「手伝うよ」という言葉に過剰に反応してしまいます。なぜなら主婦が欲しいのは自分と同じくらい家事をする人間だからです。指示しないと動けない人間ではなく、自分で考えて適切な行動をとれる自分の分身を求めているのです。だから手伝うという消極的な姿勢が許せないのです。

次ページパートナーも家事育児への当事者意識は持つべきだ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。