「家事手伝おうか?」のドヤ顔に妻が絶望する訳

散らかる部屋に「昼間何やってたの?」もNG!

働く側の夫が仕事をメインしているのは主婦もわかっているでしょう。主婦並みに家事育児をすることを求めている主婦はそんなにいないはずです。主婦が働く側に求めるのは、家事育児に対して「当事者意識」を持つことだけです。

働く側が意図せず主婦を刺激する発言はほかにもある

主婦を刺激しやすい夫の発言は「手伝う」だけではありません。

『主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件』(主婦の友社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

帰宅時に家が散らかっている状況を見て思わず「昼間何やってたの?」と発言するのも同じく主婦を刺激します。言いたい気持ちはわかるのですが、前述のように主婦はつねにマルチタスク状態だから「終えられない家事」が絶対的に存在します。

片づけは正直やらなくても何の問題もないので、主婦にとっては優先順位がかなり低いのです。

それよりも子どもの世話や子どもの学校関係のチェック、家族の料理のほうがはるかに重要です。だから後回しの片づけが帰宅時に終わっていなくてもそれはサボっていたのではなく、単純に「やる時間がなかった」だけと言えるのです。

次ページ献立決めだって同じ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。