世界が注目する歴史学者の「文明を見る眼」

世界を動かしバランスを保つ「知られざる力」

そして、世界は再び階層制、すなわちオーストリア、イギリス、フランス、プロイセン、ロシアの「5強国による5大国体制」によって支配されることになる。

自らを刷新することができない階層制をネットワークが崩壊させるが、ネットワークだけでは社会は混乱と無秩序に陥り、再び階層制が台頭するというパターンが、近代の歴史には見て取れるのだ。

非公式なネットワークの力と危険性

20世紀後半は、再びネットワークが階層制を凌駕した時代と見ることができる。第2次世界大戦のような総力戦では有効だった階層構造の制度は、複雑化する消費社会にはまったく不向きだった。

ソヴィエト連邦で実施された階層制による計画経済は失敗し、反体制の革命ネットワークの勃興によって、1991年にソ連は崩壊する。

官僚制を痛烈に批判していたキッシンジャーは、政府中枢の外へあらゆる方向に水平に広がるネットワークを構築し、大きな影響力を発揮したし、階層制の国家同士が創設した機関ではない、非公式のネットワークである世界経済フォーラム(ダヴォス会議)は、共産主義者のネットワークを、資本主義者の国際組織に統合する場となった。

インターネットを生み出したのは、決して単一の機関ではなかったし、ワールド・ワイド・ウェブもまた、非集中型のネットワークによるイノベーションの産物だった。

近代の印刷術の発明や、科学革命、産業革命と同様に、20世紀におけるテクノロジーの発達が、ネットワークの成長を大きく促したのである。

しかし、歴史が教えるように、ネットワークは楽園を約束するものではない。サイバースペースはその脆弱性ゆえにマルウェアやウイルスなどによるさまざまな攻撃にさらされ、ネットワークはいいアイデアだけでなく、悪いアイデアも生み出して広めることができるので、フェイクニュースを拡散し、ポピュリズムや移民排斥主義を広めることもある。

また、ネットワークと市場が手を組むと、ごく一部のネットワーク支配者に収益の大半が流れて、不平等化が急速に進む。

人類にとって、ネットワークと階層制のどちらが優れているというわけではない。ネットワークだけに頼れば、世界は混乱と無秩序に陥るだろうし、階層制に依存すれば、イノベーションは訪れず、硬直した全体主義的な管理社会となりかねない。

ファーガソンは本書の構想を、イタリアはシエナのカンポ広場とマンジャの塔から得たという。

そして彼は、カリフォルニア州にあるフェイスブックやアップル、グーグルといった企業の、広場のような水平構造の社屋と、ニューヨークの5番街にある58階建ての垂直にそびえ立つトランプタワーを対比させることで本文を結んでいる。

気候変動やテロ、サイバー攻撃といった現代のグローバルな問題を解決できるのは、ネットワークだろうか、それとも階層制だろうか? はたまた、両者の最適な組み合わせなのだろうか?

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。